気になる英語表現(19‐183):making paper

  • 2019.08.22 Thursday
  • 06:10

 

映画スタードゥエイン・ジョンソンが、あることで首位になりました。

そのことをUSA Todayが、“making paper”というフレーズで表現しています。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

making paper”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 The Rock is making that paper! Dwayne Johnson tops Forbes' list of highest-paid actors
 Erin Jensen, USA TODAY 
 Published 1:34 p.m. ET Aug. 21, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

making paper”とは、「…が金を稼ぐ」というスラングです。

このように進行形で使うのが、普通の用法です。

 

通常、“make paper”は、「紙を漉く」であったり、「折り紙をする」を意味します。

しかし、上の意味でも使われますので、留意してください。

 

The Rock”は、プロレスラー時代のジョンソンのリングネーム。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ザ・ロックが、とんでもない金を稼いだ!

 ドウェイン・ジョンソン、フォーブス誌の最も稼いだ俳優リストの頂点に立つ

 

となります。

 

水曜日に発表された2018年6月1日から2019年6月1日までのランキング結果です。

ジョンソンは、8940万ドル(約95億320万ドル)を“making paper”しました。

 

とうとうジョンソンが俳優のトップに立ちました。

ファンとしてはうれしい限りです。

 

銀幕に似合うあの巨体と笑顔。

まだまだ稼ぎそうなドウェイン・ジョンソンです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM