気になる英語表現(19‐168):throw a hissy fit

  • 2019.07.20 Saturday
  • 10:04

 

猫が“throw a hissy fit”する面白いビデオを見つけました。

 

一体全体、何をしたのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

 

throw a hissy fit”が登場するのは、次のビデオ記事のヘッドラインです(掲載紙は、USA Today)。

 

 Dramatic cat throws hissy fit when it doesn't get treat
 Chen Goudan, a British shorthair, is one dramatic kitty!
 AP
 12:00 a.m. 日本標準時 July 19, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

throw a hissy fit”は、「…が癇癪を起こす、が怒りを爆発させる」という熟語です。

 

特に、子供が駄々をこねる様を表します。

 

hissy”に「癇癪、怒り」、“fit”に「発作」という意味があるために、

hissy fit”で「癇癪発作」となり、上の意味になっているのです。

動詞は、“throw”のほかに、“have”も使えます。

 

ヘッドラインで冠詞“a”が抜けているのは、簡略を旨とするヘッドラインの特性です。

会話その他で使うときには、冠詞をつけてください。

 

treat”は、「ご褒美」「おやつ」。

 

というわけで、ヘッドラインとリードを訳すと、

 

 芝居がかった猫、癇癪を起こす、ご褒美をもらえないと

 ブリティッシュ・ショートヘアのチェン・ガウダンは、一匹の大げさな猫である

 

となります。

 

中国の猫ですが、その“throw a hissy fit”ぶりをビデオで確認してみてください。

笑えます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM