気になる英語表現(19‐161):outage

  • 2019.07.12 Friday
  • 05:25

 

ツイッターが、“outage”しています。

 

一体全体、どうしたというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

outage”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Twitter is down. Outage appears worldwide
 Edward C. Baig, USA TODAY 
 Published 3:25 p.m. ET July 11, 2019 | Updated 4:02 p.m. ET July 11, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

outage”とは、この場合、「(一時)停止状態」を意味します。

 

いちばんよく使われるのは、「停電」です。

つまり、「電力・水道・ガスなどの供給停止」という意味で使われるのです。

そこから、上のような「通信網などの停止」も表すようになっています。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ツイッター、ダウン。使えない状態が、世界中で

 

となります。

 

この“outage”は、アメリカのみならず、日本、ヨーロッパを含めてのことだとか。

ツイッター・ユーザーではない貧乏英語塾長、いまも“outage”なのかはわかりません。

ですが、記事によると、いまでも“outage”だとか。

 

理由は不明です。

何やら恐ろしい陰謀を感じてしまいます。

うがちすぎでしょうか。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM