気になる英語表現(19‐159):unheralded

  • 2019.07.09 Tuesday
  • 06:44

 

ウィンブルドンで、“unheralded”な選手が大番狂わせを起こしました。

 

一体全体、どういう選手なのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

unheralded”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Alison Riske: Who is unheralded American who upset No. 1 Ashleigh Barty at Wimbledon?
 Tom Schad, USA TODAY 
 Published 9:48 a.m. ET July 8, 2019 | Updated 10:05 a.m. ET July 8, 2019
 

おわかりでしょうか。

 

unheralded”とは、「無名の、ダークホースの」を表す形容詞です。

 

heralded”(警告された、予告された)に“un‐”がついてできています。

そのため、もともと「警告なしの、予告なしの」という意味で使われていました。

それが上の意味に派生したのです。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 アリソン・リスク:

 全英テニスでランキング1位のアシュリー・バーティを破った無名の米国人選手はだれ?

 

となります。

 

アリソン・リスクは、1990年7月3日ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれの29歳。

2009年にプロになっていますが、ツアーで優勝したのは1回だけ。

過去最高のランキングは、シングルス36位で、いまは55位。

当然、“unheralded”です。

 

そのリスクが、今年の全仏で優勝したランキング1位のアシュリー・バーティに勝ったのです。

こういう番狂わせがあるから、スポーツは面白いのです。

 

次は、準決勝。

どのような活躍をリスクが見せてくれるか、愉しみです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM