気になる英語表現(19‐144):arsenic

  • 2019.06.23 Sunday
  • 06:41

 

ある米大手清涼飲料水メーカーの製品に、“arsenic”が見つかりました。

 

一体全体、何が入っていたのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

arsenic”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 After high arsenic reports, Keurig Dr Pepper pulls bottled water sold at Target, Walmart
 Joshua Bote, USA TODAY 
 Published 7:12 p.m. ET June 21, 2019 | Updated 7:53 p.m. ET June 21, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

arsenic”とは、「ヒ素」のことです。

 

発音は、「アーセニク(ɑ́ːrsənik)」。

“a”にアクセントを置きます。

ただし、形容詞「ヒ素の」として使う場合、「アーセニク(ɑːrsénik)」と強調点が変わります。

ご注意ください。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 高濃度ヒ素が混入しているという報告のあと、キューリッグ・ドクターペッパー社、

 ターゲット、ウォルマートで売られているミネラルウォーターを回収

 

となります。

 

混入していたヒ素量は、州・連邦政府が決めたガイドラインを超える量でした。

そのため、同社は自発的に製品を回収したのです。

混入した原因その他は、わかっていません。

 

arsenic”による被害者もいません。

不幸中の幸いです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM