気になる英語表現(19‐114):haul

  • 2019.04.29 Monday
  • 07:05

 

 

先週末、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)が世界同時公開されました。

その爆発的メガヒットぶりが、“haul”を使って報じられています。

 

一体全体、どういう表現なのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

haul”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです(掲載紙は、USA Today)。

 

 Biggest debut ever: 'Avengers: Endgame' shatters records with $350M haul, $1.2B globally
 Jake Coyle, The Associated Press 
 Published 11:59 a.m. ET April 28, 2019 | Updated 3:35 p.m. ET April 28, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

haul”とは、「(1回あたりの)漁獲高」「(1試合当たりの)得点数」を表す名詞です。 

 

 

他動詞で「…を運ぶ」「…を引っ張る」、

自動詞で「…が運ぶ」「…が引っ張る」として使われるために、

「運搬」「引っ張ること」という名詞が生まれ、

そこから「運送距離」「貨物」と派生し、上の意味につながっています。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 史上最高のスタート:『アベンジャーズ/エンドゲーム』、記録を塗り替え、

 全米3億5000万ドル、世界で12億ドルを売り上げる

 

となります。

 

アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)が公開されたのが、26日(金)。

28日までの3日間の売り上げが、全米3億5000万ドル、世界12億900万ドルだというのです。

これは、全米・世界の公開3日間の史上最高記録です。

 

従来の世界記録は、前作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)によるもの。

それが6億4050万ドルですから、新作はその2倍以上を売り上げたことになります。

なおシリーズ最高売り上げは、同作の全米6億7882万ドル、世界20億4836万ドル。

この調子だと、今週でこの記録を抜くかもしれません。

 

となれば、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)がもつ全米記録9億3666万ドル、

アバター』(2009)がもつ世界記録27億8797万ドルも視野に入ってきます。

 

まあ、製作費が4億ドルといいますから、これくらい売り上げないと厳しいのでしょう。

それにしても、すばらしいスタートです。

 

早く観たいものです。

 

公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers4.html

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM