気になる英語表現(19‐113):mural

  • 2019.04.26 Friday
  • 07:34

 

世界の歌姫テイラー・スウィフトが、テネシー州ナッシュビルを訪れました。

関係した“mural”を見るためです。

 

一体全体、何を見るためだったのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

mural”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です(掲載紙は、USA Today)。

 

 Taylor Swift makes a surprise appearance at her Nashville mural
 Nashville Tennessean 
 Published 8:22 a.m. ET April 23, 2019 | Updated 3:33 p.m. ET April 25, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

mural”とは、「壁画」のことです。

 

「ミュアロウ(mjúərəl)」と発音します。

フランス語からの外来語です。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 テイラー・スウィフト、自らのナッシュビルの壁画にサプライズ登場

 

となります。

 

テイラー・スウィフトは、1989年12月13日ペンシルバニア州生まれの29歳。

2004年にプロデビュー後、数々のメガヒットを記録しています。

世界が愛するディーバです。

 

ナッシュビルは、スウィフトのバックボーンであるカントリーの聖地。

テネシー州で育ったスウィフトには、大切な場所です。

そこに、スウィフトをモチーフにした蝶の“mural”がナッシュビルに描かれ、

先週公開されました。

このことを受け、スウィフトが来るのではないかとファンの間で噂が広まったのです。

 

そして、木曜の朝、本当にスウィフトがやってきたのでした。

そのうえ、集まったファンと一緒に自撮りをしたりするなど、交流をしてくれました。

 

ファンとしては、最高だったことでしょう。

こういう気さくなところがスウィフトの魅力です。

ファンのひとりとしては、そこにいた人たちにジェラシーを覚えてしまいますが。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM