気になる英語表現(19‐107):infatuate

  • 2019.04.18 Thursday
  • 08:53

 

あるものに“infatuate”された18歳の米国人女性が、自殺した模様です。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

infatuate”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Woman 'infatuated' by Columbine shooting found dead of self-inflicted gunshot wound
 Trevor Hughes, Joey Garrison and Alan Gomez, USA TODAY 
 Published 7:12 a.m. ET April 17, 2019 | Updated 5:37 p.m. ET April 17, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

infatuate”とは、「…を非合理的な熱意で触発する」を表す他動詞です。

 

日本の辞書には「…に熱中させる」という善悪不明な意味が載っています。

ですが、実際にはよくないものに熱中してよくないことをさせることを表す動詞です。

ご注意ください。

 

なお、用法としては、上のように、“infatuated”と受け身で使われるのが普通です。

「インファチュエイトゥ(infǽtʃuèit)」と最初の“a”にアクセントを置いて発音します。

 

self-inflicted”は、「自ら招いた、自分の手でなした」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 コロンバイン高校銃乱射事件に悪しく魅せられた女性、死亡したのを発見、

 自ら発砲した銃による傷と見られる

 

となります。

 

この女性は、フロリダ州に住むソル・パイス。

18歳でした。

 

1999年4月20日、コロラド州ジェファーソン郡コロンバインにあるコロンバイン高校で

起きた15名が死亡した銃乱射事件が起きました。

 

この事件に“infatuate”されたパイスが、事件から20年目を迎えようとした17日に、

同校近くの銃器店で購入したポンプ式連射銃と銃弾で自殺したと見られています。

このことにより、デンバー周辺の高校は、警戒状態に入っているとか。

 

自分が生まれる前に起きた惨劇にどうして“infatuate”されてしまったのか。

これからの原因究明が待たれます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM