気になる英語表現(19‐102):deconstruct

  • 2019.04.13 Saturday
  • 07:38

 

恋人たちの予感 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ビリー・クリスタル,メグ・ライアン,キャリー・フィッシャー,ブルーノ・カービィ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

恋人たちの予感』(1989)という映画があります。

貧乏英語塾長の大好きなロマンティック・コメディです。

製作30周年ということで、劇中の有名シーンが“deconstruct”されました。

 

一体全体、何がされたのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

deconstruct”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 'When Harry Met Sally' reunion: Billy Crystal, Meg Ryan, Rob Reiner deconstruct the orgasm scene
 Bryan Alexander, USA TODAY 
 Published 1:46 p.m. ET April 12, 2019 | Updated 4:24 p.m. ET April 12, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

deconstruct”とは、「…を分解する、を分析する」を表す他動詞です。

 

construct”(…を建設する)に、否定を表す“de-”という接頭辞がついてできた言葉です。

 

とういわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 『恋人たちの予感』チーム再結集:

 ビリー・クリスタル、メグ・ライアン、ボブ・ライナーが、あのオーガズム場面を分解

 

となります。

 

恋人たちの予感』(1989)は、当時売れっ子の上の3人が中心になってできた映画です。

 

監督・製作は、『スタンド・バイ・ミー』(1986)『恋人たちの予感』(1989)『ア・フュー・グッドメン』(1992)『アメリカン・プレジデント』(1995)でゴールデン・グローブ監督賞にノミネートされた、『ストーリー・オブ・ラブ』(1999)『あなたにも書ける恋愛小説』(2003)『迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-』(2005)などのロマコメを得意としつつも、最近は『BJ ケネディの意志を継いだ男』(2016)『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(2017)などの社会派ドラマも監督するようになったロブ・ライナー(1947年3月6日生まれ)です。

 

当時コメディアンとして飛ぶ鳥を落とす人気を誇ったビリー・クリスタル(1948年3月14日生まれ)が、主演のハリーを演じます。本作、『シティ・スリッカーズ』(1991)『ミスター・サタデー・ナイト』(1992)でゴールデン・グローブ男優賞(コメディ/ミュージカル)にノミネートされ、『アナライズ・ミー』(1999)『アナライズ・ユー』(2002)という大ヒット作や『モンスターズ・インク』(2001)のマイク役で知られています。

 

メグ・ライアン(1961年11月19日生まれ)が、ヒロインのサリーです。この人も、ロマコメ女王として当時凄い人気でした。本作、『めぐり逢えたら』(1993)『ユー・ガット・メール』(1998)でゴールデン・グローブ女優賞(コメディ/ミュージカル)にノミネートされています。

 

本作は、ノーラ・エフロン(1941年5月19日‐2012年6月26日)の脚本が高く評価され、アカデミー脚本賞にノミネートされました。同賞には『シルクウッド』(1983)『めぐり逢えたら』(1993)でもノミネートされています。メグ・ライアンとは、本作、『めぐり逢えたら』(1993)『ユー・ガット・メール』(1998)『電話で抱きしめて』(2000)で組んでいます。

 

原題の“When Harry Met Sally...”(ハリーがサリーに会った時…)が示すように、本作は、シカゴからニューヨーク・シティまで車で移動するときに、知り合い同士を介してたまたま同じ車を運転して旅費を浮かそうとしたことで、ハリーとサリーが出会ったことに端を発する物語です。その後、ふたりがつきあっては別れ、別の男女とつきあっては別れて再会する姿を軽妙な笑いで描きます。

 

ロブ・ライナー、ビリー・クリスタル、メグ・ライアンが、ロサンゼルスで開かれたTCMクラシック映画祭の初日の夜にステージに登りました。そこで、本作が話題となり、オーガズム場面の裏話をしたのです。

 

問題のシーンは、カッツ・デリというレストランで撮影されたもので、知り合ったばかりのふたりが食事をしているときに、女性をオーガズムに導く方法をよく知っているというハリーに対して、サリーが女はオーガズムに達したふりをしていることもあるといいだして、偽のオーガズムの喘ぎ声を出すというものです。

 

この撮影に当たり、メグ・ライアンに対し、監督は「もっと大げさに」といい続け、ついには手本を示すために自分でやりだしたとか。それを観て、ビリー・クリスタルはトラウマになったといいます。

 

貧乏英語塾長、Blu-ray Discをもっています。

久々に観たくなってしまったのでした。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM