気になる英語表現(19‐99):apprehension

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 07:27

 

アメリカでは、あることによる“apprehension”が多かったとか。

 

一体全体、何が多かったというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

apprehension”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Border apprehensions hit 12-year high in March as Trump vows 'tougher direction'
 Michael Collins, USA TODAY 
 Published 3:02 p.m. ET April 9, 2019 | Updated 3:53 p.m. ET April 9, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

apprehension”は、この場合、「逮捕、検挙」を表しています。

 

同義語は、もちろん、“arrest”です。

「エアプリヘンション(æ̀prihénʃən)」と2番目の“e”にアクセントを置いて発音します。

 

その他、「不安、心配」「理解(力)」「意見」というまったく違った意味をもつ名詞です。

あわせて覚えておきましょう。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 国境での逮捕、3月に過去12年で最高を記録

 トランプ、「より厳しい管理」を固く約束

 

となります。

 

米国境警備隊によると、3月の国境での不法越境逮捕者数は、92,607人。

104,465人の2007年4月以来、最高です。

 

そのうち、単独成人は、30,555人。

付き添いのない子供が、 8,975人。

家族とともにいたのが、53,077人となっています。

主に、グアテマラ、ホンデュラス、エルサルバドルからの人びとです。

 

この結果を受け、トランプ大統領は国土安全保障省長官を交代させることにしました。

そのことがどのような結果を出すのか、注目です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM