気になる英語表現(19‐92):roll out

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 08:31

 

全米の空港に、あるものが“roll out”します。

 

一体全体、何がどうするというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

roll out”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Prepare to leave laptop and liquids in carry-ons as TSA's new scanners roll out across U.S.
 Sara M Moniuszko, USA TODAY 
 Published 11:49 a.m. ET April 2, 2019 | Updated 4:48 p.m. ET April 2, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

roll out”とは、この場合、「…が本格展開される、が配置される」を表す熟語です。

 

本文中から同義的表現を探すと、“be deployed”がそれに当たります。

辞書には、「…を本格展開する」という他動詞用法のみが紹介されていますが、

こうした自動詞用法も使用可能のようです。

 

laptop”は、「ノートパソコン」。

 

carry-on”は、「機内持ち込み手荷物」。

 

TSA”は、“Transportation Security Administration”(米運輸保安局)の略。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ノートPCと液体を機内持ち込み手荷物に入れたままにしておこう

 運輸保安局の新しいスキャナーが全米に本格的に配置されるから

 

となります。

 

このスキャナーは、3D仕様。

CTスキャナーの発展形です。

この結果、手荷物を開けなくても、中身が検査できるようになります。

つまり、空港での手荷物検査がはるかにスムーズになるというわけです。

 

TSAは、このスキャナーを2017年6月からフェニックスとボストンで試し始めました。

いまでは12の空港で使われています。

このスキャナー300台が全米の空港に“roll out”するというわけです。

それが始まるのは、2019年の夏。

2020年中には“roll out”を完了する予定です。

 

どの空港に“roll out”されるかどうかは不明ですが、

アメリカでの空の旅がより快適になりそうです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM