気になる英語表現(19‐75):米エリート大学への不正入学を防げ

  • 2019.03.17 Sunday
  • 06:39

 

Bloombergが、社説で米大学の不正入学について論及しています。

 

Colleges Aren’t Doing Enough to Stop Fraud
The admissions cheating scandal reveals a serious weakness in American higher education.
By Editorial Board
2019年3月15日 22:30 JST

 

一体全体どのような内容なのでしょう。

大いに気になります。

早速分析してみましょう。

 

社説は、ヘッドライン・リードを入れて、計7段落389語。語彙も難しいものが少なく読みやすそうにおもえます。ですが、具体的な固有名詞がほとんど出てこない抽象的な文章であるために、読み手の実力が問われ、細部まで理解するのは、なかなかの難事業です。5分でざっくりと訳せたら、TOEIC900点以上の実力といえます。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

 

***********

 

Colleges Aren’t Doing Enough to Stop Fraud
The admissions cheating scandal reveals a serious weakness in American higher education.

 

The most striking thing about this week’s college-admissions scandal has been its wider resonance. The narrow facts of the alleged crimes committed were seen as shocking and yet, in many quarters, not so surprising. What happened, it’s argued, is symptomatic of bigger, broader problems in U.S. higher education.

 

There’s a germ of truth in that view. For one thing, if even a handful of misguided parents are willing to pay enormous bribes and engage in reckless dishonesty to get their children into elite schools, you have to wonder about the value society as a whole attaches to an elite-school education. Indeed, much of this week’s commentary discusses the great lengths many law-abiding parents go to in gaming the college-admissions system.

 

Yet one shouldn’t lose sight of a hard distinction — between, on the one hand, the legitimate efforts of colleges and parents to advance their interests and, on the other, outright criminality and the failure of basic management standards.

 

It’s under this second heading that this week’s scandal demands immediate attention. The Justice Department’s prosecutions suggest that schools have extraordinarily weak procedures to guard against fraud and malpractice. In some cases, for instance, applicants given preference as outstanding athletes weren’t athletes of any kind. And cheating on tests, it seems, was systematized in a way that robust controls could have thwarted. What’s most telling is not that parents might wish to steal an unlawful advantage for their children — wrong as that is, and foolish so far as the children’s interests are concerned — but how easy such cheating seemed to be.

 

If they haven’t already, colleges need to introduce basic audit procedures to guard against fraudulent applications. And the administration of tests needs to be brought up to minimally acceptable standards.

 

The broader need for more strictly meritocratic access to elite schools is well worth debating: Are schools right to give such strong preference to legacy applicants, for instance, or to exceptional athletes? As part of this discussion, greater transparency on admissions procedures would certainly be welcome.

 

Building a fairer system of higher education is a noble endeavor — but not so straightforward. Denying hospitality to outright crime is a simpler challenge. The country’s elite institutions presumably have the brainpower to meet it.

 

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

 

***********

 

Colleges Aren’t Doing Enough to Stop Fraud
The admissions cheating scandal reveals a serious weakness in American higher education.

 

*****語句の説明*****

 

fraud  詐欺;不正行為

admissions  (米大学の)入学者選考

 

*****対訳*****

 

大学が、不正行為を阻止するために十分なことをしていない

大学入学者選考不正行為スキャンダルが、アメリカの高等教育における深刻な弱点を露呈している。

 

***********

 

The most striking thing about this week’s college-admissions scandal has been its wider resonance. The narrow facts of the alleged crimes committed were seen as shocking and yet, in many quarters, not so surprising. What happened, it’s argued, is symptomatic of bigger, broader problems in U.S. higher education.

 

*****語句の説明*****

 

striking  特筆すべき,印象深い

resonance  反響,共鳴

alleged  (証拠なく)申し立てられた

in many quarters  多くの場所で

symptomatic of  …の兆候である;の症状である;を表している

 

*****対訳*****

 

今週の大学入学スキャンダルに関してもっとも特筆すべきなのは、それがより広く反響したことである。犯罪が起きたと申し立てられたことに関する綿密な事実は衝撃的なものと見なされたが、多くの点において驚くべきものではなかった。しかし、この事件は、一般に論じられているように、米国の高等教育におけるより大掛かりで幅広い問題を表している。

 

***********

 

There’s a germ of truth in that view. For one thing, if even a handful of misguided parents are willing to pay enormous bribes and engage in reckless dishonesty to get their children into elite schools, you have to wonder about the value society as a whole attaches to an elite-school education. Indeed, much of this week’s commentary discusses the great lengths many law-abiding parents go to in gaming the college-admissions system.

 

*****語句の説明*****

 

germ  芽生え,兆し;細菌

misguided  誤った,見当違いの

be willing to  進んで〜する

bribe  賄賂

engage in  …に携わる

reckless  無謀な

law-abiding  法律を守る

game  …を(ずる賢い方法で)操作する

 

*****対訳*****

 

この見方には、真実の兆しがある。ひとつには、もしたとえひとつかみの見当違いの親たちが進んで莫大な賄賂を払い、子供をエリート大学に入れるために無謀な不正行為に携わるならば、社会全体がエリート大学教育に付与される価値について疑問を持つに違いないということだ。実際、今週の有識者のコメントの大半が、多くの法律を守る親たちが大学入学システムをずる賢く操作することに関してかなりの時間をかけて論じている。

 

***********

 

Yet one shouldn’t lose sight of a hard distinction — between, on the one hand, the legitimate efforts of colleges and parents to advance their interests and, on the other, outright criminality and the failure of basic management standards.

 

*****語句の説明*****

 

lose sight of  …を見失う;を見落とす

hard distinction  厳格な区別

legitimate  合法的な

outright  完全な

criminality  犯罪性

 

*****対訳*****

 

しかし、厳密な区別を見落とすべきではない。それは、一方に大学と親たちが自分たちの利益を推し進める合法的な努力が存在することであり、もう一方に完全な犯罪性と基本的な管理基準の不履行が存在するということだ。

 

***********

 

It’s under this second heading that this week’s scandal demands immediate attention. The Justice Department’s prosecutions suggest that schools have extraordinarily weak procedures to guard against fraud and malpractice. In some cases, for instance, applicants given preference as outstanding athletes weren’t athletes of any kind. And cheating on tests, it seems, was systematized in a way that robust controls could have thwarted. What’s most telling is not that parents might wish to steal an unlawful advantage for their children — wrong as that is, and foolish so far as the children’s interests are concerned — but how easy such cheating seemed to be.

 

*****語句の説明*****

 

heading  表題,見出し

prosecution  起訴,訴追

extraordinarily  非常に

procedure  手続き;手段

malpractice  違法行為;過誤

applicant  志願者

preference  優先権

systematize  …を体系化する,を組織化する

robust  堅固な,安定している;頑丈な

thwart  …を阻止する

so far as ... be concerned  …に関する限り

 

*****対訳*****

 

今週のスキャンダルが即時の注目を求めたは、この2番目のせいだ。司法省の訴追によって、大学が不正行為や違法行為から自らを守るには非常に脆弱な手段しかもたないことが示唆された。たとえば、いくつかの事例では卓越したアスリートとして入学優先権を与えられた志願者たちが、その種のアスリートではなかったということである。さらに試験における不正行為は、見たところ、組織化されていて、堅固な試験管理を阻止できるののだった。もっとも明らかになったのは、親たちが自分の子供のために非合法の有利さを盗みたいと願っていたということではなくーーそれは間違いであるというだけでなく、子供たちの利益に関する限り、愚かなことでもあるーーこのような不正行為がいかに簡単であるかということだった。

 

***********

 

If they haven’t already, colleges need to introduce basic audit procedures to guard against fraudulent applications. And the administration of tests needs to be brought up to minimally acceptable standards.

 

*****語句の説明*****

 

audit  監査

fraudulent  詐欺的な,不正な

minimally  最小限に

 

*****対訳*****

 

もしまだであるならば、大学は基本的な監査手続きを導入し、不正な志願書から自分たちを守る必要がある。そして、試験管理が、最小限受け入れ可能な基準を満たす必要がある。

 

***********

 

The broader need for more strictly meritocratic access to elite schools is well worth debating: Are schools right to give such strong preference to legacy applicants, for instance, or to exceptional athletes? As part of this discussion, greater transparency on admissions procedures would certainly be welcome.

 

*****語句の説明*****

 

meritocratic  実力主義の

legacy  時代に合わなくなった

exceptional  並外れた

transparency  透明性

 

*****対訳*****

 

より厳しい実力主義によってエリート大学に入るべきだというより広範囲なニーズに関しては、議論する価値が十分にある。それは、大学は、たとえば、強力な入学優先権を時代に合わなくなった志願者たちに与えるのか、それとも並外れたアスリートに与えるのか、どちらが適切なのかという問いだ。この議論の一部として、入学手続きがより透明性が高くなることは、もちろん歓迎されることだろう。

 

***********

 

Building a fairer system of higher education is a noble endeavor — but not so straightforward. Denying hospitality to outright crime is a simpler challenge. The country’s elite institutions presumably have the brainpower to meet it.

 

*****語句の説明*****

 

noble  気高い,高潔な;高貴な

endeavor  努力

straightforward  容易な,単純な;まっすぐな

hospitality  親切なもてなし

presumably  おそらく

brainpower  知力

 

*****対訳*****

 

高等教育のより公平なシステムを構築することは、気高い努力である。だが、それほど容易なことではない。とはいえ、完全な犯罪への誘いを否定することは、より単純な挑戦ではある。この国のエリート大学は、おそらくそのことをかなえる知力をもっているはずだ。

 

++++++++++++

 

史上最大の大学不正入学事件です。

 

有名女優フェリシティ・ハフマン(56)は、娘の不正入学に1万5000ドル(約166万円)を払ったことで逮捕され、その保釈金は25万ドル(約2700万円)でした。さらに、ロリ・ロックリン(54)という女優は、ふたりの娘を南カリフォルニア大学に不正入学するために、計約50万ドル(約5560万円)の賄賂を支払った結果、逮捕されました。この人も保釈されたのですが、その保釈金が約1億円というのですから、驚かされます。

 

今回の不正入学事件で逮捕されたのは、約50人。最高で6億6000万円、大体2200万円から4400万円の賄賂を支払ったとされています。

 

その法外な賄賂額とその仲介を測った不正入学ブローカーを取り締まるために、司法省は立ち上がったのでしょう。ですが、この結果、アメリカの高等教育への信頼が揺れ動いたのも事実です。貧しい家庭出身の若者が一所懸命勉強して、有名エリート大学に入って、社会的成功をつかむというアメリカン・ドリームは、すでに死語なのでしょうか。

 

その流れを理解するためには、時流を読む必要があります。それには、日本のマスコミだけでは不十分です、米国メディアの論調も読みとれる高度な英語力が必要です。日本の未来を担う若い人たちには、英語を真剣に勉強してほしいものです。

 

INDECは、いつでもお手伝いいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。
 

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!

 

公式サイト:http://indec.jp

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM