気になる英語表現(19‐70):bust

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 08:00

 

アメリカで、大規模な“bust”が行われました。

 

一体全体、何が行われたのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

bust”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です(掲載紙は、USA Today)。

 

 Authorities seize 1.6 tons of cocaine at Port Newark, largest drug bust in 25 years
 Rodrigo Torrejon, North Jersey Record 
 Published 3:04 p.m. ET March 11, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

bust”とは、この場合、「手入れ、摘発、逮捕、押収」を表す名詞です。

 

bust”といえば、「バスト」つまり「胸、胸像」しか知らない人が多いとおもいます。

ですが、簡単そうに見える単語ほど奥が深いのが英語です。

bust”も、様々な意味をもっています。

 

まず、動詞から行きましょう。

 

自動詞で、「が打ち壊される」「が爆発する」「が破産する」。

他動詞で、「を打ち壊す」「を爆発させる」「を破産させる」。

 

この他動詞用法に「…を手入れする、を逮捕する」という意味があります。

そのために、上の名詞が生まれているのです。

 

なお、「破産した」という形容詞でも使えるため、

「が破産する」は、“go bust”で表現できます。

go bankrupt”の同義語です。

 

すべて、口語・俗語っぽい表現ですが、よく使われるのは事実。

熱心な英語勉強家なら、覚えておいて損はありません。

 

authorities”は、(複数形で)「(権限をもった関連)当局」。

 

seize”は、「を差し押さえる」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 当局、ニューアーク港で1.6トンのコカインを差し押さえる

 過去25年間で最大の麻薬押収量

 

となります。

 

2月28日のことです。

市場価格(street value)7700万ドルのコカインが、押収されました。

ニューヨーク・シティにほど近いニューアーク港においてです。

税関・国境警備局、沿岸警備隊、国土安全保障省捜査局、麻薬取締局、

ニューヨーク警察、ニューヨーク州警察の合同捜索による結果です。

 

これほどの大量押収は1994年5月以来のことだとか。

恐ろしい話です。

麻薬にだけは、手を出さないようにしないといけません。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM