気になる英語表現(19‐68):米政府、国境問題に反対する人びとを弾圧

  • 2019.03.10 Sunday
  • 06:00

 

Los Angeles Timesが、社説で米墨国境問題について論及しています。

 

The government has secret dossiers on border journalists, lawyers and activists
By THE TIMES EDITORIAL BOARD
MAR 08, 2019 | 3:10 AM

 

一体全体どのような内容なのでしょう。

大いに気になります。

早速分析してみましょう。

 

社説は、ヘッドラインを入れて、計6段落501語。日本では馴染みのないニュースねたではありますが、関連記事は多く出ていますし、語彙も難しいものが少なく、論旨がストレートであるために理解しやすい英文だといえます。7分でざっくりと訳せたら、TOEIC860点以上の実力です。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

 

***********

 

The government has secret dossiers on border journalists, lawyers and activists
 

A San Diego television station recently obtained some troubling documents that seem to show that the U.S. government, working with Mexican officials under a program called Operation Secure Line, has created and shared dossiers on journalists, immigrant rights lawyers and activists covering or involved with the so-called caravans of migrants moving from Central America to the U.S.-Mexico border.

 

Worse yet, the government then detained some of these people for questioning (one photojournalist was held for 13 hours), barred some of them from crossing the border and interfered with their legitimate efforts to do their jobs. NBC 7 reported that it also received a copy of a purported government dossier on lawyer Nicole Ramos, refugee program director for the migrant rights group Al Otro Lado, that included a description of her car, her mother’s name, and details on her work and travel history. That’s not border security, that’s an intelligence operation, and, as the American Civil Liberties Union pointed out, it “is an outrageous violation of the First Amendment.”

 

The ACLU noted correctly that it is impermissible for the government to use “the pretext of the border to target activists critical of its policies, lawyers providing legal representation, or journalists simply doing their jobs.”

 

It's unclear when the intelligence gathering began, or how widespread it is, but the Committee to Protect Journalists reported in October that U.S. border agents, using the broad power the law gives them to question people entering the country, seemingly singled out journalists for in-depth examinations, including searching their phones, laptops and cameras — all without warrants, because they’re generally not required at the border. These are troubling developments deserving of close scrutiny by Congress and, if warranted, legal challenges. The Department of Homeland Security is responsible for controlling the flow of people across U.S. borders and has broad and court-recognized authority to search for contraband. But the government should not use that authority as a pretext to try to gain information to which it would not otherwise be entitled. And it certainly doesn’t give it a framework for harassing or maintaining secret files on journalists, lawyers and activists who are covering, representing or working with activists.

 

Homeland Security defended the targeting in a statement linking the intelligence operation to the agency’s investigation of efforts this winter by some Central American migrants to cross the wall near San Ysidro, Calif. It said also that all the people entered into the database had witnessed border violence. That sounds an awful lot like a criminal investigation, not a border security operation. Operation Secure Line reportedly falls under the International Liaison Unit, which coordinates intelligence between the United States and Mexico, and involves agents with Customs and Border Protection, Immigration and Customs Enforcement, the Border Patrol, Homeland Security Investigations and the FBI, as well as Mexican government officials. The name of the report: “Migrant Caravan FY-2019: Suspected Organizers, Coordinators, Instigators, and Media.” The only thing suspect here is the government’s actions.

 

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

 

***********

 

The government has secret dossiers on border journalists, lawyers and activists
 

*****語句の説明*****

 

dossier  調査書類;(詳細な)身上書

 

*****対訳*****

 

政府は、国境問題に関係するジャーナリスト、弁護士、活動家の秘密の身上書をもっている

 

***********

 

A San Diego television station recently obtained some troubling documents that seem to show that the U.S. government, working with Mexican officials under a program called Operation Secure Line, has created and shared dossiers on journalists, immigrant rights lawyers and activists covering or involved with the so-called caravans of migrants moving from Central America to the U.S.-Mexico border.

 

*****語句の説明*****

 

obtain  …を入手する

Operation Secure Line  国境安全作戦

so-called  いわゆる

caravan  旅行隊,キャラバン

 

*****対訳*****

 

サンディエゴのあるTV局が、最近いくつかの厄介な書類を入手した。どうやらそれは、米国政府が、国境安全作戦と呼ばれるプログラムの下メキシコ高官たちと協力し、ジャーナリスト、移民人権弁護士、活動家に関する詳しい身上書を作って共有し、もしくは中米から米墨国境へ移動するいわゆる何キャラバンもの移民を報道し関連していることを示すもののようだ。

 

***********

 

Worse yet, the government then detained some of these people for questioning (one photojournalist was held for 13 hours), barred some of them from crossing the border and interfered with their legitimate efforts to do their jobs. NBC 7 reported that it also received a copy of a purported government dossier on lawyer Nicole Ramos, refugee program director for the migrant rights group Al Otro Lado, that included a description of her car, her mother’s name, and details on her work and travel history. That’s not border security, that’s an intelligence operation, and, as the American Civil Liberties Union pointed out, it “is an outrageous violation of the First Amendment.”

 

*****語句の説明*****

 

worse yet  さらに悪いことには

detain  …を拘留する

bar X from 〜ing  Xが〜するのを妨げる

interfere with  …を妨げる,に干渉する

legitimate  合法的な

purported  うわさでは…だといわれる

refugee  難民

Al Otro Lado  アル・オトロ・ラド(「向こう側」が原意)

intelligence  諜報

American Civil Liberties Union  アメリカ自由人権協会(ACLU):

 1920年に設立されたNYCに本部のある米国でもっとも影響力のあるNGOのひとつ

outrageous  言語道断の,もってのほかの;悪意ある

First Amendment  憲法修正第一条:表現や宗教の自由を保証した条項

 

*****対訳*****

 

さらに悪いことには、そのとき政府はこの種の人びとの一部を尋問のために拘留し(ひとりの写真ジャーナリストは13時間拘束された)、その一部が国境を超えることを妨害し、その人たちの仕事をする合法的努力を阻害したのだ。NBC 7局の報道によれば、同局はまた弁護士ニコール・ラモス(移民人権保護団体アル・オトロ・ラドのプログラム・ディレクター)に関して政府が作ったといわれる身上書を一部受け取っていた。その中には、彼女の車、実母の名前、仕事と旅行履歴の詳細が含まれていた。こうなれば、国境警備ではない。諜報作戦だ。さらに、アメリカ自由人権協会(ACLU)が指摘したように、こうしたことは「憲法修正第一条の由々しき違反である」。

 

***********

 

The ACLU noted correctly that it is impermissible for the government to use “the pretext of the border to target activists critical of its policies, lawyers providing legal representation, or journalists simply doing their jobs.”

 

*****語句の説明*****

 

impermissible  許されない

pretext  口実,名目,言い訳

legal representation  法的代理

 

*****対訳*****

 

ACLUが正しく指摘しているように、政府が「その政策に批判的な活動家、法的代理人を務める弁護士、その仕事を全うするジャーナリストを標的にするために国境を口実」に使うことは容認されない。

 

***********

 

It's unclear when the intelligence gathering began, or how widespread it is, but the Committee to Protect Journalists reported in October that U.S. border agents, using the broad power the law gives them to question people entering the country, seemingly singled out journalists for in-depth examinations, including searching their phones, laptops and cameras — all without warrants, because they’re generally not required at the border. These are troubling developments deserving of close scrutiny by Congress and, if warranted, legal challenges. The Department of Homeland Security is responsible for controlling the flow of people across U.S. borders and has broad and court-recognized authority to search for contraband. But the government should not use that authority as a pretext to try to gain information to which it would not otherwise be entitled. And it certainly doesn’t give it a framework for harassing or maintaining secret files on journalists, lawyers and activists who are covering, representing or working with activists.

 

*****語句の説明*****

 

widespread  広がった

Committee to Protect Journalists  ジャーナリスト保護委員会:

 1981年に設立された、NYCに本部をもつNPO

seemingly  見たところ

single out  …を選び出す

in-depth  徹底的な,突っ込んだ,掘り下げた

warrant  許可;許可証

scrutiny  精査

Department of Homeland Security  国土安全保障省

court-recognized  裁判所に認められた

authority  権限

contraband  密輸;禁制品

entitle  …に資格・権利を与える

harass  …に嫌がらせをする;を困らせる

 

*****対訳*****

 

いつ諜報収集が始まったか、あるいはそれがどれだけの広がりをもつかは明らかではない。だが、ジャーナリスト保護委員会が10月に報告したものによれば、米国境関連当局は、法律によって与えられている入国する人々に尋問する広大な権力を行使して、一見したところ、徹底的な捜査のためにジャーナリストを選び出している。その中には、ジャーナリストたちの電話、ノートPC、カメラの捜索が含まれる。しかも、すべて令状なしにだ。というのも、令状は一般的に国境では必要とされないからである。こうしたことが、連邦議会ならびに、許されるなら、訴訟による綿密な精査に値する厄介な展開である。国土安全保障省は、米国境を越える人々の流れを管理する責任があり、密輸を探し出すために広く裁判所が認めた権限を有している。しかし、政府は、その権限を政府が他の方法では得る権利がない情報を得ようとするための口実として使うべきではない。そして、その権限は、もちろん報道するジャーナリスト、法定代理人となる弁護士、他の活動家たちと協力する活動家に嫌がらせをしたり、こうした人々に関する秘密のファイルを維持するための枠組みを政府に与えるものではない。

 

***********

 

Homeland Security defended the targeting in a statement linking the intelligence operation to the agency’s investigation of efforts this winter by some Central American migrants to cross the wall near San Ysidro, Calif. It said also that all the people entered into the database had witnessed border violence. That sounds an awful lot like a criminal investigation, not a border security operation. Operation Secure Line reportedly falls under the International Liaison Unit, which coordinates intelligence between the United States and Mexico, and involves agents with Customs and Border Protection, Immigration and Customs Enforcement, the Border Patrol, Homeland Security Investigations and the FBI, as well as Mexican government officials. The name of the report: “Migrant Caravan FY-2019: Suspected Organizers, Coordinators, Instigators, and Media.” The only thing suspect here is the government’s actions.

 

*****語句の説明*****

 

link X to Y  XをYと結びつける

investigation  捜査

San Ysidro  サンイシヅロ

an awful lot  非常にたくさんの

reportedly  報道によると

fall under  …の支配下に入る

International Liaison Unit  国際連絡部隊

Customs and Border Protection  税関・国境警備局

Immigration and Customs Enforcement  移民税関捜査局

instigator  扇動者

 

*****対訳*****

 

安全保障省は、この標的化を擁護した。この諜報作戦を同省がこの冬一部の中米移民がカリフォルニア州サンイシヅロ近くの壁を超えようとしたことに関する捜査とを結びつける声明文においてだ。その声明文はまた、データベースに入力されたすべての人々が国境での暴力を目撃したと述べた。それは、本当に犯罪捜査のようにおもえる。決して、国境警備作戦ではない。国境安全作戦は、報道によると、国際連絡部隊の支配下にあるという。後者は、米国とメキシコの間の諜報活動を調整するものだ。そして、税関・国境警備局、移民税関捜査局、国境警備隊、国土安全保障省捜査局、連邦捜査局ならびにメキシコ政府高官たちと関係している。この報告書のタイトルは、「移民キャラバン2019会計年度:疑わしき主催者・調整者・扇動者・メディアたち」という。ここで唯一疑わしいのは、政府の一連の行動なのである。

 

++++++++++++

 

トランプ政権、腐っています。まるで中国・ロシア・北朝鮮のようです。自由社会のリーダーとしての面影もありません。そこまでして、国境に壁を作って何のよいことがあるのでしょう。

 

とはいえ、これが現実。それを踏まえて、この質の低下したアメリカとどのようにつきあっていくかが、今後の日本の課題です。アメリカのいいなりになっておけばそれでよいという単純な問題ではありません。日本としての覚悟が問われるかもしれません。

 

その覚悟を得るためには、時流を読む必要があります。それには、日本のマスコミだけでなく、米国メディアの論調も読みとれる高度な英語力が必要です。日本の未来を担う若い人たちには、英語を真剣に勉強してほしいものです。

 

INDECは、いつでもお手伝いいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。
 

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!

 

公式サイト:http://indec.jp

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM