気になる英語表現(19‐50):torrential rain

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 05:59

 

アメリカが、“torrential rain”に襲われるという予報が出ています。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

torrential rain”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Snow, ice, torrential rain bringing weather havoc to 39 states, 200 million people
 John Bacon and Doyle Rice, USA TODAY 
 Published 7:56 a.m. ET Feb. 19, 2019 | Updated 12:40 p.m. ET Feb. 19, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

torrential rain”とは、「集中豪雨」のことです。

 

torrential”が、“torrent”(急流、激流、土砂降り)の形容詞であることから、

「急流の、激流の、土砂降りの、猛烈な」という意味をもつためです。

 

“e”にアクセントを置いて、「トーレンシャル(tɔːrénʃəl)」と発音します。

 

havoc”は、「大混乱、大惨事」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 雪・氷・集中豪雨が、39州の2億人に大惨事をもたらしそう

 

となります。

 

ここ数日、米国は大規模な嵐に襲われます。

その結果、北部では雪、南部では集中豪雨が見込まれるということです。

 

米国へ行かれる方、ご用心ください。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM