気になる英語表現(19‐44):decluttering bandwagon

  • 2019.02.14 Thursday
  • 08:27

 

コンマリこと近藤麻理恵さんが、アメリカで大人気です。

そのことをChicag Tribuneが“decluttering bandwagon”を使って報じています。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

decluttering bandwagon”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Jumped on the Marie Kondo decluttering bandwagon?

 Here's why you might have regrets.
 By Alison Bowen Contact Reporter
 Chicago Tribune February 13, 2019, 11:20 AM

 

おわかりでしょうか。

 

decluttering bandwagon”は、「片付けブーム」「断捨離ブーム」を表す英語表現です。

 

decluttering”は、「“clutter”(乱雑、混乱)をなくすこと」がもともとの意味。

そこから「片付け」を表すようになりました。

 

bandwagon”は、「パレードで楽隊を乗せて走る派手なワゴン車」が原意。

このみんなが憧れ、追随することから、「流行」を表すようになったのです。

 

というわけで、このふたつがつながって、上の意味になっています。

 

jump on”は、「…に乗る、乗り込む」。

bandwagon”の原意にかけた表現です。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 近藤麻理恵の片付けブームに乗ったか?

 これが、あなたが後悔した理由だ

 

となります。

 

断捨離ブームを日本で作り、いまはロサンゼルスに住んで活躍する近藤麻理恵さん。

Netflixの番組『KonMari 〜人生がときめく片付けの魔法〜』が大ブレークし、

アメリカでも“decluttering bandwagon”が起きています。

 

しかし、本記事では断捨離に異を唱える人間が登場し、

捨てずにすむように、買うものを減らそうと唱えています。

貧乏英語塾長も、その考えに同意するものですが、

それだけコンマリさんの影響力の高さをおもわせる反論記事ともいえます。

 

ともあれ、身軽に生きるのがいちばん。

コンマリさんの活力を参考にしつつ、

不要なものを買い込まないように生きていきたいものです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM