気になる英語表現(19‐39):hemp

  • 2019.02.09 Saturday
  • 08:37

 

元ツール・ド・フランス優勝選手が、”hemp”を提供するカフェを始めます。

 

一体全体、何を提供するというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

hemp”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です(掲載紙は、USA Today)。

 

 Former cyclist Floyd Landis to open cafe and hemp store
 AP Published 3:47 p.m. ET Feb. 8, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

hemp”とは、「大麻」のことです。

 

学術上、「大麻」を表す“cannnabis”の下部部門を示す単語です。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 元自転車ロードレース選手フロイド・ランディス、カフェと大麻ストアーを開店

 

となります。

 

フロイド・ランディスは、1975年10月14日に米ペンシルバニア州で生まれました。

自転車ロードレースで活躍したプロ選手です。

 

2002年からランス・アームストロングのアシストとして働き、

2006年にツール・ド・フランスで優勝しています。

ですが、その後、ドーピングが発覚しタイトルを剥奪されてしまいました。

2011年に引退しています。

 

そのランディスが、自転車のショールームを併設したカフェを今週開くと発表したのです。

場所は、ペンシルバニア州ランカスター。

名前は、“Floyd's of Lancaster Cafe”といいます。

ランディスはコロラドで大麻ビジネスをやっているため、新店舗でもそれを扱うという次第です。

 

日本では考えられない商売ですが、アメリカではありです。

繁盛するのかどうか、興味津々です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM