気になる英語表現(19‐28):bear down on

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 07:46

 

アメリカが史上最悪ともいえる大寒波に襲われています。

その状況をUSA Todayが、“bear down on”を使って報じました。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

bear down on”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 'Minimize talking' outside: Polar vortex bears down on North as Deep South braces for snow
 John Bacon and Doyle Rice, USA TODAY 
 Published 8:02 a.m. ET Jan. 28, 2019 | Updated 4:26 p.m. ET Jan. 28, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

bear down on”とは、「…に断固たる態度で迫る」を表す熟語です。

 

polar vortex”は、「極禍」。

北極・南極の上空にできる大規模な気流の渦のことです。

この場合は、北極低気圧のことです。

 

Deep South”は、「深南部、ディープサウス」。

ジョージア、アラバマ、ミシシッピー、ルイジアナ州を指します。

 

braces for”は、「…に備える」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 外での「会話は最少に」:極禍が北部に断固たる足取りで迫り、深南部は雪に備える

 

となります。

 

月曜日に中西部を襲った大規模な暴風雪が、今週米東部を襲うという予報です。

 

アイオワ州都デモインでは、史上最低の気温となり、

外で深く呼吸することを避け、会話は最少にするようにという警告が出ました。

 

シカゴでも、マイナス33度という史上最低気温を記録しています。

風が吹き荒れるのですから、体感温度はマイナス40度以下です。

 

この大寒波、米北部はもちろん深南部にも雪をもたらすという予報です。

深南部が冬でも温暖であることを知っている貧乏英語塾長は、驚かざるを得ません。

 

被害が、最少ですめばよいのですが。

この地域に旅行予定のある方、ご注意ください。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM