気になる英語表現(19‐22):walk-through

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 06:36

 

トランプ大統領が、非常に重要なことの“walk-through”を要求しました。

しかし、それが聞き入れられるかどうかは微妙な状態です。

 

一体全体、何を要求したというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

walk-through”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Donald Trump requests Capitol walk-through, still plans State of the Union speech, officials say
 David Jackson, USA TODAY

 Published 12:40 p.m. ET Jan. 22, 2019 | Updated 2:28 p.m. ET Jan. 22, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

walk-through”とは、「リハーサル、立ち稽古」を表す名詞です。

 

Capitol”は、「国会議事堂」。

 

State of the Union speech”は、「一般教書演説」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ドナルド・トランプ、連邦議会議事堂でのリハーサルを要求、

 依然として一般教書演説を予定していると当局者が発言

 

となります。

 

State of the Union speech”は、大統領の1年間の方針を示す重要な演説です。

今年は、1月29日に予定されていました。

 

しかし、政府機関の部分的閉鎖が続くために、民主党がその実施に反対しています。

walk-through”の要求もかなえられるかどうか不明です。

そこで、トランプ政権は、議事堂以外での一般教書演説を考えているとか。

 

型外れなトランプ氏ですが、そうなれば前代未聞のこと。

いかなることになるのか、注目です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM