気になる英語表現(19‐21):lay a wreath

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 06:54

 

トランプ米大統領が、あるところに“lay a wreath”しました。

 

一体全体、何をしたというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

lay a wreath”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 President Donald Trump lays wreath at Martin Luther King Jr. Memorial
 David Jackson, USA TODAY 
 Published 11:50 a.m. ET Jan. 21, 2019 | Updated 2:45 p.m. ET Jan. 21, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

lay a wreath”は、「花輪を捧げる」という熟語です。

 

wreath”は、あの「リース(ríːθ)」です。

英検準一級程度の単語ですが、意外とわからない人がいるかもしれません。

この際、覚えておきましょう。

 

なお、簡略を旨とするヘッドラインであるため、冠詞が省略されています。

必ず冠詞をつけて覚えておいてください。

 

Martin Luther King Jr. Memorial”は、ワシントンDCにあるキング牧師の彫像です。

2011年8月22日から一般公開されています。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ドナルド・トランプ大統領、

 マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・メモリアルに花輪を捧げる

 

となります。

 

キング牧師は、1929年1月15日生まれです。

その誕生日に近いところで、21日にこの行動に出たようです。

マイク・ペンス副大統領も同行しました。

しかし、そこにいたのは2分程度。

連邦政府機関の閉鎖に関しては何も発言しませんでした。

 

混沌とした米国政治は、どこへ向かうのでしょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM