気になる英語表現(19‐2):feces

  • 2019.01.03 Thursday
  • 02:33

 

トランプ大統領が、政府機関を閉鎖して11日目です。

この結果、様々な問題が起きています。

そのひとつに、国立公園に人間の“feces”が散見されるようになったのです。

 

一体全体、何が見られるというのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

feces”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です(掲載紙は、USA Today)。

 

 Garbage, feces, other bad behavior take toll on national parks during shutdown
 Calley Cederlof, Visalia Times-Delta 
 Published 8:51 a.m. ET Jan. 1, 2019 | Updated 1:44 p.m. ET Jan. 1, 2019

 

おわかりでしょうか。

 

feces”とは、「便、糞、排泄物」のことです。

 

この形で複数形として使います。

 

behavior”は、「行動」。

 

take toll on”は、正しくは“take a toll on”。

簡略を旨とするヘッドラインゆえの用法です。

必ず冠詞をつけましょう。

意味は、「…に損害を与える」です。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ゴミ、糞、他のマナー違反が国立公園に損害を与えている、政府機関閉鎖の間に

 

となります。

 

問題となっているのは、セコイア・キングズ・キャニオン国立公園です。

シェラネバダ山脈南部に位置しています。

様々なアウトドア活動ができる、非常に有名な公園です。

 

ところが、政府機関が閉鎖になったせいで、パークレンジャーもいなくなってしまいました。

この結果、来園者の中に素行不良な人間が増えてしまい、

ゴミは捨てまくるは、そこら中で“feces”をしまくっているというのです。

このようなマナー違反のせいで、公園はダメージを受けています。

早く封鎖が解除されないと、混乱は続きそうです。

 

まったくもって罪作りなトランプ氏です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM