気になる英語表現(19‐1):swear off

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 03:42

 

新年になると、“swear off”する人が増えるものです。

 

一体全体、何をするというのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

swear off”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Dry January is a thing. This is why people are swearing off booze for a month
 USA TODAY NETWORK Josh Hafner, USA TODAY 
 Published 1:37 p.m. ET Jan. 8, 2018 | Updated 6:05 a.m. ET Dec. 31, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

swear off”とは、「(悪習・酒・たばこなど)を断つと誓う」という熟語です。

 

swear”(…が誓う)と“off”(外れた)の組み合わせから生まれています。

 

dry”は、この場合、「禁酒の」。

 

booze”は、「酒」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 禁酒の1月は、特別だ。だからこそ、人びとは1か月酒を断つと誓っている

 

となります。

 

この記事の本文は、2018年1月9日の気になる英語表現(18‐9):Dry Januaryで取り上げた記事と同じものです。ですが、ヘッドラインが変えられ、重要な表現が混じっているので、取り上げました。

 

クリスマスなどがある12月は、酒まみれ(booze-filled)になることがおおいものです。ために、イギリスの非営利慈善団体“Alcohol Concern”が1月は酒を断つ(abstain)ことを勧める運動を始めました。

 

正月気分の日本では、なかなか受け入れられない発想でしょうが、飲みすぎのみなさんは新年の誓い(new year's resolution)としてお考えになるとよいでしょう。

 

まさしく、貧乏英語塾長もそのひとりではありますが。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM