気になる英語表現(18‐362):bucket list

  • 2018.12.29 Saturday
  • 07:32

 

だれもが持っているとおもうのが、“bucket list”です。

そのヒントを与える記事を見つけました。

 

一体全体、その“bucket list”とはいかなるものなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

bucket list”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 11 endangered bucket-list destinations (and how to visit them responsibly)
 Mariana Zapata, SmarterTravel.com 
 Published 5:00 a.m. ET Dec. 27, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

bucket list”は、「死ぬまでにやっておきたいことのリスト」のことです。

 

bucket”は、あの「バケツ」のこと。

それが上の意味につながるのは、“kick the bucket”という熟語のせいです。

これが「…が死ぬ、くたばる」という意味であることから、生まれています。

 

「バケツを蹴飛ばす」が「死ぬ」につながるというのは面白いですよね。

語源については諸説があり、確定していません。

仕方ないので、丸覚えしてください。

 

この結果、“bucket-list”は、「死ぬまでにやっておきたい」という形容詞になります。

 

endangered”は、「絶滅の危機にひんした」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 11の絶滅の危機にひんした死ぬまでに行っておきたい目的地

 (そして、そこを責任をもって訪れる方法)

 

となります。

 

11ヶ所が“endangered”なのは、気候変動と観光客が集中するせいです。

その場所を列挙しますと、

 

 グレートバリアリーフ(豪)

 ヴェニス(伊)

 マチュピチュ(ペルー)

 フロリダ・エバーグレーズ(米)

 アマゾン川

 南極

 ボルネオ(マレーシア・インドネシア)

 ビッグサー(米カリフォルニア)

 アルプス山脈

 万里の長城(中)

 ガラパゴス諸島

 

となります。

 

早く訪れないと、“bucket list”がかなえられなくなるかもしれません。

お金と時間のある方、お試しになるのはいかがでしょうか。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM