気になる英語表現(18‐342):ファーウェイ事件、中国政府の横暴を許すな

  • 2018.12.09 Sunday
  • 07:50

 

Chicago Tribuneが、社説でファーウェイCFO逮捕について論及しています。

 

The Huawei affair: Mistrust of China runs deeper than trade disputes
By Editorial Board
DECEMBER 7, 2018, 2:30 PM

 

一体全体どのような内容なのでしょう。

大いに気になります。

早速分析してみましょう。

 

社説は、ヘッドラインを入れて、計9段落610語。それほど長くなく、難しい表現も多くないので、割りと読みやすい英文です。8分でざっくりと訳せたら、TOEIC860点以上の実力。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

 

***********

 

The Huawei affair: Mistrust of China runs deeper than trade disputes

 

There’s an aspect to China’s rise as an economic power that presents a constant national security threat to the United States: the unlimited reach of the Chinese government.

 

In China’s communist-run political system, lines of control and influence between Beijing and privately operated enterprises are murky — when those lines exist at all. Some Chinese companies are owned directly by the government, but all owe a level of fealty to the government. A few weeks ago, the Chinese news media disclosed that Jack Ma, a Chinese internet entrepreneur worth $39 billion, is a Communist Party member. The revelation isn’t scandalous because it reflects the reality of the Chinese hybrid system: There’s no place for business owners and executives to hide in an authoritarian state. So they might as well join the party and accrue the benefits.

 

That’s all background for a spectacular legal confrontation now brewing between China and the U.S. over Huawei, China’s telecom giant. On Dec. 1, Canadian authorities fulfilled a U.S. government request to arrest Huawei’s chief financial officer amid allegations the company violated U.S. trade sanctions against Iran.

 

The pressure point runs much deeper than whatever U.S.-originated equipment Huawei may have sold to Iran. Huawei is described as the world’s largest supplier of cellular tower electronics and other telecommunications equipment. The firm is on the cutting edge, developing and selling 5G (fifth generation) mobile phone service technology around the world. All fine — global competition is welcome. Except almost everything related to telecommunications technology has potential military usefulness, including for espionage.

 

Huawei says it’s a privately owned company that doesn’t answer to the government, doesn’t engage in espionage and complies with all applicable law. But who really calls the shots at Huawei? The company’s founder, Ren Zhengfei, is a former Chinese army officer. He left the People’s Liberation Army in the early 1980s, the era in which Premier Deng Xiaoping decided to embrace free-market reforms while retaining one-party rule. Ren’s daughter, Meng Wanzhou, is the Huawei executive who was arrested in Vancouver.

 

The U.S. government is deeply suspicious of Huawei and its connections to the Chinese government. A 2012 congressional report concluded that Huawei couldn’t prove its independence from government control. The report determined that Huawei and another firm, ZTE, provided “a wealth of opportunities for Chinese intelligence agencies to insert malicious hardware or software implants into critical telecommunications components and systems.” Even if company executives refused to help their government commit nefarious acts, the report noted, all it would take is recruiting a few technicians to do the dirty work. Chinese law appears to require cooperation with any request under the guise of state security.

 

The arrest may complicate the Trump administration’s trade negotiations with China, given that Chinese authorities are angry about the treatment of such a high-profile executive. But this collision of interests will turn out to be a good test of Chinese intentions. Trade is one facet of a complex relationship. Both sides will be better off if President Donald Trump can negotiate a deal with Chinese President Xi Jinping without getting distracted by a criminal case that will proceed on the merits.

 

As for companies like Huawei, the Chinese government has a choice. It can encourage companies in sensitive industries to open themselves to outside scrutiny and investment. It also can insist that companies like Huawei respect the law — U.S. sanctions against Iran included. Or China can allow companies like Huawei to stay in the shadows, untrusted by the United States and other Western governments. There are plenty of other telecom companies willing to sell sensitive equipment and play by the rules.

 

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

 

***********

 

The Huawei affair: Mistrust of China runs deeper than trade disputes

 

*****語句の説明*****

 

affair  事件

mistrust  不信,疑惑,疑念

trade dispute  貿易(通商)紛争(摩擦)

 

*****対訳*****

 

ファーウェイ事件:中国への不信は、貿易摩擦よりも根が深い

 

***********

 

There’s an aspect to China’s rise as an economic power that presents a constant national security threat to the United States: the unlimited reach of the Chinese government.

 

*****語句の説明*****

 

aspect  イメージ,印象;側面,状況

 

*****対訳*****

 

経済大国としての中国の勃興には米国に対して絶えず国家安全保障の脅威を与えているという印象がある。つまり、中国政府が、無制限に権力を及ばせているというイメージだ。

 

***********

 

In China’s communist-run political system, lines of control and influence between Beijing and privately operated enterprises are murky — when those lines exist at all. Some Chinese companies are owned directly by the government, but all owe a level of fealty to the government. A few weeks ago, the Chinese news media disclosed that Jack Ma, a Chinese internet entrepreneur worth $39 billion, is a Communist Party member. The revelation isn’t scandalous because it reflects the reality of the Chinese hybrid system: There’s no place for business owners and executives to hide in an authoritarian state. So they might as well join the party and accrue the benefits.

 

*****語句の説明*****

 

communist-run  共産党が支配する

murky  曖昧な;胡散臭い;暗い

fealty  忠誠,忠義

disclose  …を開示する,を暴露する

revelation  暴露,発覚

authoritarian  独裁政治の

might as well  〜するほうがましだ,したほうがよい

accrue  …を獲得する

benefit  利益,恩恵

 

*****対訳*****

 

中国の共産党支配政治体制において、中国政府と民間経営企業の間の支配と影響の線引きは曖昧だ。もちろん、そうした線がある場合の話だが。一部の中国企業は政府によって直接指揮されており、すべての企業が政府に忠誠を誓っている。数週間前、中国のニュース・メディアはジャック・マー(390億ドルの資産をもつ中国人インターネット起業家)が共産党員であることを暴露した。この発覚は、スキャンダラスなことではない。なぜならそのことが中国の混合体制という現実を反映しているからだ。企業オーナーや役員たちに、独裁政治国家の中には隠れる場所はないということである。ゆえに、企業家たちは共産党に入り、その恩恵を得るほうがましなのだ。

 

***********

 

That’s all background for a spectacular legal confrontation now brewing between China and the U.S. over Huawei, China’s telecom giant. On Dec. 1, Canadian authorities fulfilled a U.S. government request to arrest Huawei’s chief financial officer amid allegations the company violated U.S. trade sanctions against Iran.

 

*****語句の説明*****

 

spectacular  注目に値する,目を見張らせる;壮観な

confrontation  対立

brew  …が起ころうとしている,が起きかけている;が醸成する

telecom  通信会社

authorities  当局

amid  …の渦中で,に囲まれて

allegation  申し立て,主張

sanction  制裁

 

*****対訳*****

 

このことが、すべて、中国の巨大通信会社ファーウェイをめぐる中国と米国の間にいま起きかけている注目すべき法的対立の背景なのである。12月1日、カナダ当局は米国政府の要請を満たし、ファーウェイの最高財務責任者を逮捕した。同社が米国による対イラン貿易制裁に違反しているという申し立てを受けてのことだ。

 

***********

 

The pressure point runs much deeper than whatever U.S.-originated equipment Huawei may have sold to Iran. Huawei is described as the world’s largest supplier of cellular tower electronics and other telecommunications equipment. The firm is on the cutting edge, developing and selling 5G (fifth generation) mobile phone service technology around the world. All fine — global competition is welcome. Except almost everything related to telecommunications technology has potential military usefulness, including for espionage.

 

*****語句の説明*****

 

pressure point  急所;問題が起こりそうな点;圧点;つぼ

equipment  装備

cellular tower  携帯電話の中継塔

on the cutting edge  最先端にある

espionage  スパイ活動

 

*****対訳*****

 

問題が起こりそうなポイントは、あらゆる米国起源の装備をファーウェイがイランに売った可能性があるということよりもはるかに根深い。ファーウェイは、携帯電話中継塔と他の通信装備に関して世界最大の供給会社だといわれる。同社は最先端を走り、5G(第5世代)携帯電話サービス技術を開発し、世界で販売している。そのこと自体は、結構だ。グローバル競争は、歓迎する。ただし、通信技術に関連するほとんどあらゆることが、諜報活動を含め軍事的に有用であるということ以外は。

 

***********

 

Huawei says it’s a privately owned company that doesn’t answer to the government, doesn’t engage in espionage and complies with all applicable law. But who really calls the shots at Huawei? The company’s founder, Ren Zhengfei, is a former Chinese army officer. He left the People’s Liberation Army in the early 1980s, the era in which Premier Deng Xiaoping decided to embrace free-market reforms while retaining one-party rule. Ren’s daughter, Meng Wanzhou, is the Huawei executive who was arrested in Vancouver.

 

*****語句の説明*****

 

comply with  …を順守する

applicable  適用可能な

call the shots at  …を支配する,の采配を振るう

Ren Zhengfei  任 正非(じん せいひ)

People’s Liberation Army  人民解放軍

premier  首相

Deng Xiaoping   小平(とう しょうへい)

embrace  …を受け入れる,を採用する

retain  …を保持する

Meng Wanzhou  孟 晩舟

 

*****対訳*****

 

ファーウェイは、同社が民間所有の会社であり、政府の要求に応じず、諜報活動に従事することはなく、適用法律のすべてを順守しているという。しかし、だれが実際にファーウェイを支配しているのか。同社の創業者・任正非は、元中国軍の士官である。氏が人民解放軍を離れたのは1980年代初期、すなわち小平最高実力者が一党支配を維持しながら自由市場改革を受け入れることを決めた時期なのだ。そして、任の娘・孟晩舟が、バンクーバーで逮捕されたファーウェイの役員なのである。

 

***********

 

The U.S. government is deeply suspicious of Huawei and its connections to the Chinese government. A 2012 congressional report concluded that Huawei couldn’t prove its independence from government control. The report determined that Huawei and another firm, ZTE, provided “a wealth of opportunities for Chinese intelligence agencies to insert malicious hardware or software implants into critical telecommunications components and systems.” Even if company executives refused to help their government commit nefarious acts, the report noted, all it would take is recruiting a few technicians to do the dirty work. Chinese law appears to require cooperation with any request under the guise of state security.

 

*****語句の説明*****

 

suspicious  疑っている

intelligence  諜報

malicious  悪意のある

implant  移植

critical  重大な

component  部品

nefarious  不正な,非道な,悪辣な

under the guise of  …を装って,を口実に,と称して

 

*****対訳*****

 

米国政府は、ファーウェイとその中国政府との関連性を深く疑っている。2012年の連邦議会報告書は、ファーウェイが中国政府の管理から独立していることを同社が証明できないと結論づけた。報告書は、ファーウェイと他の企業ZTEが中国諜報機関が「重要な通信部品やシステムに悪意のあるハードウェアやソフトウェアの移植を挿入する豊富な機会」を提供したと断定した。たとえ同社役員たちが中国政府が悪辣行為に関わることを助けたことを否定したとしても、同政府は汚い仕事をする数名の技術者を採用したと報告書は述べた。中国の法律は、国家安全保障を口実に、中国政府のあらゆる要請への協力を要求しているように見えるのだ。

 

***********

 

The arrest may complicate the Trump administration’s trade negotiations with China, given that Chinese authorities are angry about the treatment of such a high-profile executive. But this collision of interests will turn out to be a good test of Chinese intentions. Trade is one facet of a complex relationship. Both sides will be better off if President Donald Trump can negotiate a deal with Chinese President Xi Jinping without getting distracted by a criminal case that will proceed on the merits.

 

*****語句の説明*****

 

complicate  …を複雑にする,を悪化させる

given that  …なので;だと仮定すると

high-profile  注目を集める,人目を引く,有名な

collision  衝突

intention  意図;目的

facet  相;面;ファセット

better off  いっそうよくなる

distract  …の気を散らす,を惑わす

 

*****対訳*****

 

今回の逮捕は、トランプ政権の中国との貿易交渉を複雑なものにするだろう。中国当局がこのような有名企業役員の取り扱いに関して怒っているからだ。しかし、この利害の衝突は、中国の意図に関して結果としてよいテストとなる。貿易は、複雑な関係のひとつの相である。ドナルド・トランプ大統領が中国の習近平国家主席と、メリットに基づいて進むこの犯罪事案に気を散らされることなく取引を交渉できるならば、両陣営がよりよい状態になることだろう。

 

***********

 

As for companies like Huawei, the Chinese government has a choice. It can encourage companies in sensitive industries to open themselves to outside scrutiny and investment. It also can insist that companies like Huawei respect the law — U.S. sanctions against Iran included. Or China can allow companies like Huawei to stay in the shadows, untrusted by the United States and other Western governments. There are plenty of other telecom companies willing to sell sensitive equipment and play by the rules.

 

*****語句の説明*****

 

as for  …に関していえば

sensitive  機密の

scrutiny  精査;監視

 

*****対訳*****

 

ファーウェイのような会社に関しては、中国政府はひとつの選択肢をもっている。それは、同政府が機密産業の会社に外部の精査・投資に対して開かれるようにすることを推奨できるということだ。また、同政府は、ファーウェイのような会社が米国の対イラン制裁を含めた法律を尊重することを求めることもできる。あるいは、中国がファーウェイのような会社に陰で動き続けることを許し、米国や他の西側政府から信頼されないままでいることもありうる。機密装備を、規則に則って売りたがっている通信会社は他にいっぱいあるのだ。

 

++++++++++++

 

孟容疑者の逮捕で、中国政府はカナダ政府に同容疑者を釈放せよと恫喝しています。このことこそが、ファーウェイの経営に中国政府が関与していた証拠でしょう。米国への身柄引き渡しが行われるのか、米中貿易交渉の行方とともに、注目です。

 

それにしても、中国政府の横暴さも異常。あのジャック・マーが屈し、ファーウェイが中国政府の手先になるのですから、やれやれというしかありません。この国が、独裁政治をやめて、民主化するのはいつのことなのでしょう。そんな日は、未来永劫来ないのかもしれません。

 

しかし、そんな恐ろしい国が、われわれの隣人なのです。しかも、その間には北朝鮮と韓国というとんでもない国が存在し、ロシアもすぐそこにいます。国際感覚に敏感でないと、いつでも日本はこうした国の属国になってしまいます。何としても避けなければならない事態です。

 

そのためには、若い人たちに、このような文章を読んで、国際情勢を学んでもらい、日本を守ってもらうしかありません。大志を抱いて高度な英語力を身に着け、日本を救ってほしいと願います。

 

INDECは、いつでもお手伝いいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!


公式サイト:http://indec.jp

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM