気になる英語表現(18‐333):paste

  • 2018.11.30 Friday
  • 08:56

 

アメリカ北中央部の州が、寒波に襲われています。

この事態を、USA Todayが“paste”を使って報じています。

 

一体全体、どういう状態なのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

paste”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Another blizzard forecast to paste the north-central U.S. this weekend
 Doyle Rice, USA TODAY 
 Published 4:32 p.m. ET Nov. 29, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

paste”は、この場合「…を殴る、をぶちのめす」という他動詞です。

 

一般に「…を貼る、を貼りつける」という他動詞や

「(接着用の)のり」という名詞で知られていますが、

こういう米口語表現もあるのです。

ゆえに、名詞で「強打」を表します。

 

本文中では、“wallop”が同義語で使われています。

 

blizzard”は、「ブリザード、猛吹雪」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 またもや、今週末米北中央部をぶちのめすという猛吹雪発生の予報

 

となります。

 

金曜日から土曜日にかけて、サウスダコタ、ネブラスカ、アイオワ、ミネソタ各州で

吹雪になり、15僂ら30僂寮兩磴予想されています。

 

冬本番という感じです。

6年間アイオワに住んでいた貧乏英語塾長、当時をおもい出してしまいました。

ひどい被害になりませんように。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM