気になる英語表現(18‐320):one-of-a-kind

  • 2018.11.17 Saturday
  • 07:56

 

米ウィスコンシン州に、“one-of-a-kind”の学校があるとUSA Todayが報じました。

 

一体全体、どういう学校なのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

one-of-a-kind”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 From Australia to Wisconsin, family moves to help autistic son with one-of-a-kind school
 USA TODAY NETWORK Paul Srubas, Green Bay Press-Gazette 
 Published 3:27 p.m. ET Nov. 16, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

one-of-a-kind”は、「ユニークな、独自の、個性的な」を表す形容詞です。

 

「ユニークな人(物)、個性派」という名詞でも使えます。

頭文字で“OOAK”と表記されることもあります。

 

autistic”は、「自閉症の」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 オーストラリアからウィスコンシンへ、

 ある家族が引っ越した、自閉症の息子をユニークな学校に通わせるため

 

となります。

 

この“one-of-a-kind”な学校は、ウィスコンシン州グリーンベイにあります。

名前は、ACE Teaching & Consulting。

 

 公式サイト:http://www.acetc.info/

 

この学校に、昨年1月オーストラリアの12歳の少年アイザック君が入学しました。

当時、アイザック君は、自閉症のために、言葉が話せず、仰向けになって身をよじり、

叫び、壁を蹴り、自分を叩き、両親も手が付けられなくなっていました。

そんなときにACEの評判を聞き、一家はアメリカに引っ越すことを決めたのです。

 

いまでは、アイザック君は落ち着き、意思疎通も可能になっています。

父親のジョーさんは、いまのアイザック君を見て、次のように述べました。

 

 We are discovering our son for the first time in 13 years.

 (私たちは、13年間で初めて自分たちの息子を発見しつつあります。)

 

女性ふたりが立ち上げた学校ですが、すばらしい試みです。

ぜひとも永続してほしいと願います。

 

芸術と音楽と馬が好きなアイザック君の未来に、乾杯!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM