気になる英語表現(18‐316):impound

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 05:48

 

フランスで、ある航空便がキャンセルになりました。

飛行機が、“impound”されたためです。

 

一体全体、何が起きたのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

impound”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Ryanair plane impounded, 149 passengers kicked off due to unpaid bill
 Jayme Deerwester, USA TODAY 
 Published 1:40 p.m. ET Nov. 12, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

impound”は、「…を押収する、を没収する」を表す他動詞です。

 

「押収、没収」という名詞でも使えます。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ライアンエアーの航空機、押収される、

 149名の乗客が、同社の請求書未払いのために追い出される

 

となります。

 

ライアンエアーは、アイルランド国籍の欧州最大の格安航空会社です。

国際旅客数としては世界最大の航空会社でもあります。

 

先週木曜日のことです。

そのライアンエアー機が、に仏ボルドー空港からロンドンへ向かっていました。

 

ところが、2008年から2009年の間にその子会社が61万ドルを未払いだったために、

同機が差し押さえられ、そのフライトがキャンセルになってしまったのです。

 

金曜日に同社はその未払い金を払いました。

しかし、木曜日の149名の乗客はロンドンへ行けなかったのです。

 

最近問題多発のライアンエアー、再び自由の大空へ羽ばたけるのでしょうか。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM