気になる英語表現(18‐293):footsie

  • 2018.10.20 Saturday
  • 05:52

 

サウスウエスト航空の飛行機が、火曜日に緊急着陸をしました。

ある乗客の“footsie”が、原因です。

 

一体全体、何があったのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

footsie”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Southwest flight makes emergency landing after alleged unwanted 'footsie' game
 Anika Reed, USA TODAY 
 Published 12:43 p.m. ET Oct. 19, 2018 | Updated 4:12 p.m. ET Oct. 19, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

footsie”は、この場合、「いちゃつき」を表します。

 

本来、“footsie”は“foot”の幼児語です。

ゆえに、「あんよ」と訳すとピッタリきます。

 

そこから「テーブルの下などで自分の足と相手の足を触れあわせていちゃつくこと」、

さらに、「性的行為に及ぼうとすること」の婉曲表現として使われるようになりました。

この場合は、最後の意味です。

 

通常、“footsie”は“play footsie”という熟語で使われるので、“game”が使われます。

 

alleged”は、「申し立てられた、嫌疑の」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 サウスウエスト便、緊急着陸、好ましくない「いちゃつき」をしたと申し立てられたため

 

となります。

 

事情を簡潔に表した第1段落を見てみましょう。

 

 A Southwest flight made an emergency landing on Tuesday

 after a male passenger caused a scene

 by going on a profanity-filled rant

 and playing an unwanted game of "footsie" with his female seat mate.

 

 サウスウエスト便が、火曜日、緊急着陸をした。

 男性乗客が醜態を引き起こしたからだ。

 口汚い罵り言葉の詰まった暴言を吐き、

 隣に座った女性乗客に好ましくない「いちゃつき」をしたのである。

 

犯人は、テキサス州デントンに住む29歳の男。

隣の女性に手を伸ばして足を触り、卑猥な言葉をささやいたのです。

それを止めようとした客室乗務員(flight attendant)にも、暴言を吐きました。

女性が席を変わっても追いかけてきて、男は叫びまくったのです。

乗務員は男が麻薬をやっていると判断し、機長に報告。

飛行機はニューメキシコ州アルバカーキに緊急着陸し、男は逮捕されました。

 

男の罪状は、客室乗務員への業務妨害と脅迫、ならびに暴行です。

これにより、20年の懲役と25万ドルの罰金が科せられる可能性が出ました。

 

飛行機に乗ったら、“footsie”などとんでもないこと。

行儀よくしておきましょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM