気になる英語表現(18‐284):landfall

  • 2018.10.11 Thursday
  • 04:34

 

ハリケーン・マイケルが、猛威を振るっています。

とうとう米フロリダ州に“landfall”してしまいました。

 

一体全体、どうしたというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

landfall”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Landfall: Hurricane Michael slams into Florida as historic, Category 4 storm
 Rick Neale,Doyle Rice and John Bacon, USA TODAY 
 Published 3:06 a.m. ET Oct. 10, 2018 | Updated 2:27 p.m. ET Oct. 10, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

landfall”は、「(台風・船などの)上陸」を表す名詞です。

 

「山崩れ、地滑り」「圧勝」と“landslide”と同義語の意味が書かれている辞書があります。

しかし、いまでは、上の意味で使うほうが普通です。

 

「…が上陸する」は、“make landfall”と表現します。

 

slam into”は、「…にぶつかる」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 上陸:ハリケーン・マイケル、フロリダを歴史的カテゴリー4の嵐としてフロリダを直撃

 

となります。

 

記事は、第1段落で次のように述べます。

 

 A historic Hurricane Michael made landfall Wednesday near Mexico Beach,

 nearly a Category 5 storm that smashed records as the strongest ever

 to roar onto the state's exposed Panhandle.

 

 歴史的なハリケーン・マイケルが、水曜日メキシコ・ビーチの近くに上陸した。

 史上最強のハリケーンとして記録を破るカテゴリー5近い嵐としてだ。

 マイケルは、州の無防備なパンハンドル地域に轟音を立てて上陸したのである。

 

メキシコ・ビーチは、フロリダ半島のつけ根から西に離れた海辺の町です。

その地域が“Panhandle”と呼ばれるのは、

フロリダ半島からぐっと細長く西にメキシコ湾に沿って出っ張っている地域だからです。

まるで、「フライパンの取っ手」のように。

 

ハリケーンは、風速が時速155マイル異常となると、カテゴリー5に区分されます。

そして、マイケルは時速153マイルを記録しました。

これは、この地域を襲った史上最強のハリケーンだとか。

 

最少の被害ですめばよいのですが。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM