気になる英語表現(18‐279):fluke

  • 2018.10.06 Saturday
  • 07:45

 

映画『アリー/ スター誕生』(2018)の全米公開が10月5日に始まります。

この映画とその中の挿入歌が、すこぶる評判がよいのです。

そのことを、USA Todayが“fluke”を使って報じています。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

fluke”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Lady Gaga, Bradley Cooper's stunning 'A Star Is Born' soundtrack proves 'Shallow' was no fluke
 Patrick Ryan, USA TODAY 
 Published 3:02 p.m. ET Oct. 5, 2018 | Updated 3:43 p.m. ET Oct. 5, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

fluke”とは、「まぐれ当たり、おもわぬ幸運」を表す名詞です。

 

他にも、語源が異なりますが、「カレイ、ヒラメ」という意味もあります。

「フルーク(flúːk)」と発音してください。

 

Shallow”は、本作の非公式主題歌といわれている曲です。

「浅瀬」を表しています。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパーのすばらしい『アリ/スター誕生』のサントラ、

 「シャロー」がまぐれ当たりでまったくないことを証明

 

となります。

 

アリー/ スター誕生』(2018)は、米俳優ブラッドリー・クーパーの初監督作品です。

主演も務めます。

もうひとりの主演は、あのレディー・ガガです。

1937年のオリジナルの3度目のリメイクとなります。

 

 公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/

 

世界的シンガー、ジャクソン(ブラッドリー・クーパー)が、

売れない歌手でウェイトレスをしているアリー(レディー・ガガ)に出会います。

ジャクソンはアリーの才能を見出し、コンサートでデュエットします。

そのときの歌が「Shallow」なのです。

そして、アリーはどんどん売れていき、

それに対して、ジャクソンの人気は落ちていくさまを描く人間ドラマです。

 

「Shallow」の評判がすばらしく、すでにiTunesで1位になっています。

上の記事についている動画でその歌を英語字幕つきで観ました。

鳥肌ものです。

ガガはいうまでもなく、クーパーも抜群の歌唱力を誇ります。

本曲が高く評価されても不思議はありません。

 

同時に、映画の評判もとてもよいのです。

Rotten Tomatoesでは、支持率91%で、10点満点中8点。

Metacriticでは、100点満点中88点という凄さです。

 

本作の企画は、クリント・イーストウッドビヨンセを使って考えていたものでした。

それが、『アメリカン・スナイパー』(2014)で組んだクーパーにお鉢が回ったのです。

 

クーパーは、イーストウッドから監督術を学ぶとともに、

世界にひとつのプレイブック』(2012)『アメリカン・ハッスル』(2013)で組んだ

デヴィッド・O・ラッセルから大きな影響を受けたとか。

ともあれ、クーパーにとっての監督デビュー作の大成功はほぼ間違いないでしょう。

 

日本での劇場公開は、12月21日。

大いに楽しみです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM