気になる英語表現(18‐257):shoddy

  • 2018.09.14 Friday
  • 03:26

 

米ニューオリンズ市民が、米俳優ブラッド・ピットを相手に訴訟を起こしました。

shoddy”が、原因です。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

shoddy”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Brad Pitt's foundation is accused of building shoddy homes in New Orleans after Hurricane Katrina
 Maria Puente, USA TODAY 
 Published 1:07 p.m. ET Sept. 13, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

shoddy”は、「粗悪で安っぽい、手抜きの、品質の悪い」という形容詞です。

 

「見せかけ」「まがい物」「再生毛糸」という名詞でも使えます。

 

accuse X of Y”は、「XをYで訴える」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ブラッド・ピットの基金、ハリケーン・カトリーナのあと、

 ニューオリンズに欠陥住宅を建てたことで起訴される

 

となります。

 

ルイジアナ州ニューオリンズは、ハリケーン・カトリーナで壊滅状態になりました。

2005年8月末のことです。

 

その後、ブラッド・ピットが設立した慈善基金“Make It Right”が動き出します。

住宅建設を請け負い、住宅ローンの一部を援助したのです。

 

ところが、この住宅がすべてにおいて手抜きの欠陥だらけだったのが問題でした。

そのことを2009年にはピットや財団に伝えていたのに、基金は何も手を打たなかったのです。

そこで、今回に住宅ローンを払い続ける109人が集団訴訟を起こすことになりました。

 

ピットを訴えたことで、原告たちは周囲からは非難されているとか。

ピットが無料で家をプレゼントしたと勘違いしている人のせいです。

しかし、実際には、大部分のローンは、住宅所有者たちが払い続けています。

 

アンジェリーナ・ジョリーとの離婚訴訟でももめているピットです。

今回の集団訴訟でも、大変な目に遭いそうです。

慈善事業はやるなら徹底してやってもらわないと、名前にキズがつきます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM