気になる英語表現(18‐252):高校生にアメフトをやらせるな

  • 2018.09.09 Sunday
  • 12:00

 

The Washington Postが、最新社説で高校生のアメリカンフットボールについて論及しています。

 

High schools are dropping football. Students are safer for it.
By Editorial Board
September 8 at 5:09 PM

 

一体全体どのような内容なのでしょう。

大いに気になります。

早速分析してみましょう。

 

社説は、ヘッドラインを入れて、計6段落410。短くて、難しい表現も少なく、論旨も明快。とても読みやすい英文です。5分半でざっくりと訳せたら、TOEIC800点以上の実力。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

 

***********

 

High schools are dropping football.

Students are safer for it.

 

SHOULD CHILDREN be allowed to play tackle football? With scientific studies showing a link between the sport and traumatic brain injuries that lead to lasting health problems, that question is being asked with more frequency and urgency across the country. Not surprisingly, the answer from many parents is that their children’s well-being is too important to risk for the sake of a game — no matter how bright the Friday night lights.

 

Schools are back in session, and high school football season has started; not, though, at three schools in the Washington area. Two high schools in suburban Virginia, Manassas Park and Park View, and one in suburban Maryland, Bladensburg, announced they won’t be fielding varsity teams because of safety concerns and a lack of participation. Not enough players showed up to field a team. They aren’t alone — schools in Charles City, Va., Chapel Hill, N.C., and Bedford, Ky. , also canceled varsity football this year, part of a downward trend in participation that has marked the sport in recent years.

 

While high school football still attracts more players than other sports, the numbers have been steadily falling. Data released last month by the National Federation of State High School Associations showed a 2 percent drop in participation, 20,000 fewer players, between 2016 and 2017. Football enrollment in the past decade declined 6.6 percent, according to the association’s data.

 

A number of factors are seen as responsible for the decline. Included are declining student enrollments, changing demographics, schools offering alternative sports and players specializing in one sport. Clearly, though, the biggest issue has been increased awareness about the health problems associated with football. Chronic traumatic encephalopathy (CTE) is linked to the hits to the head that occur in tackle football on both the amateur and professional levels; studies show that CTE can lead to, among other things, dementia and depression. One study showed that athletes who played tackle football before the age of 12 had more behavioral and cognitive problems later in life.

 

“Football is not on a good path right now,” a varsity football coach whose New Jersey high school struggled last year to field a team told The Post’s Jacob Bogage. That may well be true, but laments for a sport that holds such clear risks are misplaced. Parents and schools are right to reassess the wisdom of tackle football for children whose young brains are still developing.

 

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

 

***********

 

High schools are dropping football.

Students are safer for it.

 

*****対訳*****

 

複数の高校が、フットボールをやめつつある。

生徒たちは、おかげでより安全になっている。

 

***********

 

SHOULD CHILDREN be allowed to play tackle football? With scientific studies showing a link between the sport and traumatic brain injuries that lead to lasting health problems, that question is being asked with more frequency and urgency across the country. Not surprisingly, the answer from many parents is that their children’s well-being is too important to risk for the sake of a game — no matter how bright the Friday night lights.

 

*****語句の説明*****

 

tackle football  タックル・フットボール:

 タックルなしのフラッグ・フットボールに対するタックルありのフットボール

traumatic  外傷性;衝撃的な,痛手となる;心的外傷の

frequency  頻度;頻発

urgency  緊急

well-being  幸福,安寧,健康でいること

for the sake of  …のために,の目的で

no matter how  どんなに…であろうとも

Friday night lights  金曜日の夜が輝く:

 高校生のフットボールの試合が金曜の夜に行われることを念頭に置いての表現

 『Friday Night Lights』(2004)というピーター・バーグ監督映画も存在する

 邦題は、『プライド 栄光への絆』。

 

プライド 栄光への絆 (字幕版)

 

プライド 栄光への絆 [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

 

*****対訳*****

 

子供たちに、タックル・フットボールをプレーすることを許すべきなのか。科学的研究がこのスポーツと継続する健康問題につながる外傷性脳挫傷の結びつきを明らかにしたために、この問いが全国でより頻繁かつ緊急に考慮されている。驚くことではないが、多くの親たちからの答は、自分たちの子供たちの幸せが重要なので、フットボールの試合のためにリスクを負わせるわけにはいかないというものである。たとえどんなに金曜の夜が明るく輝くとしてもだ。

 

***********

 

Schools are back in session, and high school football season has started; not, though, at three schools in the Washington area. Two high schools in suburban Virginia, Manassas Park and Park View, and one in suburban Maryland, Bladensburg, announced they won’t be fielding varsity teams because of safety concerns and a lack of participation. Not enough players showed up to field a team. They aren’t alone — schools in Charles City, Va., Chapel Hill, N.C., and Bedford, Ky. , also canceled varsity football this year, part of a downward trend in participation that has marked the sport in recent years.

 

*****語句の説明*****

 

in session  授業中の

suburban  校外の

field  …を試合に出す

varsity  代表

concern  懸念

participation  参加

downward  下向きの

mark  …を特徴づける

 

*****対訳*****

 

学校は、新しい学期に入った。高校のフットボール・シーズンも始まった。しかし、ワシントン地区の3校はそうではない。バージニア州郊外マナサス・パークとパーク・ビュー、メリーランド州郊外ブレイデンズバーグの高校が、フットボールの代表チームを試合に送り出さないと発表したのだ。理由は、安全性への懸念と参加選手の不足である。チームを送り出すのに十分な数の選手が集まらなかったのだ。この3校だけではない。バージニア州チャールズ・シティ、ノースカロライナ州チャペル・ヒル、ケンタッキー州ベッドフォードの高校も、今年のフットボール代表チーム編成をやめた。ひとつには、近年このスポーツを特徴づける参加選手減少の流れのせいである。

 

***********

 

While high school football still attracts more players than other sports, the numbers have been steadily falling. Data released last month by the National Federation of State High School Associations showed a 2 percent drop in participation, 20,000 fewer players, between 2016 and 2017. Football enrollment in the past decade declined 6.6 percent, according to the association’s data.

 

*****語句の説明*****

 

National Federation of State High School Associations  全米州立高校協会:

 全米1万8500以上の高校が加盟するスポーツの競技規則を決める組織

 1920年設立

enrollment  登録者数;登録

 

*****対訳*****

 

高校フットボールは、依然として他のスポーツよりも多くの選手を引き付ける。その一方、選手数は着実に下落し続けている。全米州立高校協会が先月発表したデータによれば、2016年から2017年にかけて、参加者は2パーセント減り、選手が2万人少なくなった。過去10年のフットボール登録者数は6.6パーセント下落した、と協会のデータは教えている。

 

***********

 

A number of factors are seen as responsible for the decline. Included are declining student enrollments, changing demographics, schools offering alternative sports and players specializing in one sport. Clearly, though, the biggest issue has been increased awareness about the health problems associated with football. Chronic traumatic encephalopathy (CTE) is linked to the hits to the head that occur in tackle football on both the amateur and professional levels; studies show that CTE can lead to, among other things, dementia and depression. One study showed that athletes who played tackle football before the age of 12 had more behavioral and cognitive problems later in life.

 

*****語句の説明*****

 

a number of  多くの

demographics  人口構成,人口動態

alternative  代替の

specialize in  …を専門とする,…に特化した

associated with  …と関連した

chronic traumatic encephalopathy  慢性外傷性脳症

among other things  数ある中でも,とりわけ

dementia  認知症

depression  うつ病

behavioral  行動に関する

cognitive  認知の,認識の

 

*****対訳*****

 

多くの要因が、この下落をもたらしたと見られている。その中には、下落する高校生数、変化する人口構成、別のスポーツを提示する学校、ひとつのスポーツに特化する選手たちが含まれる。しかし、明らかに、最大の要因は、フットボールと関連づけられた健康問題についての認知度が高まったことである。慢性外傷性脳症(CTE)は、アマチュアであろうがプロであろうが、タックル・フットボールで生じる頭部への打撃と結びついている。複数の研究が明かにしたところでは、CTEは、数ある中でも、認知症とうつ病を発症させうるということだ。ある研究が明らかにしたのは、12歳未満でタックル・フットボールを始めた選手たちは後の人生で行動・認知上の問題を抱えてしまっているということだった。

 

***********

 

“Football is not on a good path right now,” a varsity football coach whose New Jersey high school struggled last year to field a team told The Post’s Jacob Bogage. That may well be true, but laments for a sport that holds such clear risks are misplaced. Parents and schools are right to reassess the wisdom of tackle football for children whose young brains are still developing.

 

*****語句の説明*****

 

may well  …するのも理解できる

lament  悲嘆

misplace  …を置き忘れる,を履き違える

reassess  …を見直す;を再評価する

wisdom  英知,知恵

 

*****対訳*****

 

「フットボールは、いま現在、正しい方向に進んでいない」と昨年代表チームを出すのに苦労したニュージャージー州の高校フットボール代表チームのコーチが、ワシントン・ポストのジェイコブ・ボウゲイジに語った。その気持ちはわかる。だが、このような明確なリスクを抱えるスポーツに対して悲嘆するのは、履き違えもはなはだしい。若い脳が発達している子供たちにとってタックル・フットボールの意義があるのかを、親と学校が見直すのは正しいことである。

 

++++++++++++

 

タックル・フットボールの危険性は、アメリカでは頻繁に指摘されていることです。ウィル・スミス主演映画『コンカッション』(2015)では、CTEの恐ろしさを暴露した医師の活躍が描かれたほどです。

 

コンカッション (字幕版)

 

コンカッション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

ところが、人気があり、大金を稼げるために、リスクを顧みず、若い段階からプレーする選手がいます。それを止められるとすれば、親と学校しかありません。その親と学校が、少しずつ子供たちをタックル・フットボールから切り離そうとしているのも、当然の流れといえます。

 

日本でも、危険タックルを行った日大選手が問題となりました。日大の前監督・コーチのパワハラ問題を別にしても、タックル・フットボールは危険なのです。そのことを日本の親たちも知っておくべきです。

 

にもかかわらず、日本ではこういう問題が大きく取り上げられません。子供たちの将来を守るためにも、多くの人にこういう社説をきちんと読めるようになってもらいたいと願う次第です。そのために、ぜひとも高度な英語力を身につけてください。

 

INDECは、いつでもお手伝いいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!


公式サイト:http://indec.jp/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM