気になる英語表現(18‐248):prank

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 08:41

 

 

米テキサス州の大学生ふたりが行った“prank”が、話題を呼んでいます。

 

一体全体、何をしたというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

prank”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Epic McDonald’s prank goes viral as Texas student's fake 'Asians' ad remains hanging over 50 days
 USA TODAY NETWORK Lauren Talarico, KHOU-TV, Houston 
 Published 11:47 a.m. ET Sept. 4, 2018 | Updated 2:12 p.m. ET Sept. 4, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

prank”とは、「いたずら」「悪ふざけ」を表す名詞です。

practical joke”が、同義語となります。

 

epic”は、「すばらしい」「最高の」。

「叙事詩の」「壮大な」以外にも、こんな意味があるのです。

 

go viral”は、「…が(インターネットや口コミで情報が)急速に広まる」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 すばらしいマクドナルドへのいたずら、インターネットで急速に広まる

 テキサスの学生による偽「アジア系」広告、50日以上も壁にかけられたままに

 

となります。

 

場所は、テキサス州ヒューストン郊外のパーランド。

そこにあるマクドナルドを、アジア系の学生ふたり(上)が訪れました。

そして、店の中のポスターにアジア系をを使ったものが一枚もないことに気づいたのです。

 

そこで、おもいつきます。

自分たちがマクドナルド製品を食べている写真を撮って、巨大ポスターにすることを。

ポスターは、7月13日に、店員が見ていない隙に、店の壁に貼られました。

 

ふたりは、そのことをすぐにツイートしました。

すると、24時間後には、10万以上のリツイートと40万の「いいね」がついたのです。

そして、9月3日現在、51日経っても、ポスターはまだ飾られているとか。

 

こんな罪のない“prank”なら、マクドナルドも怒らないのでしょう。

愉快です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM