気になる英語表現(18‐239):comp

  • 2018.08.27 Monday
  • 07:34

 

 

MLBを代表する名投手が、ホテルから100万ドルの請求書を突き付けられました。

あっという間にインターネットで広まった情報に皆が驚いたものです。

ところが、実際は、“comp”だったとか。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

comp”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Astros pitcher Justin Verlander says viral, '$1 million' lunch bill was comped by hotel
 AJ Neuharth-Keusch, USA TODAY 
 Published 11:05 a.m. ET Aug. 26, 2018 | Updated 12:52 p.m. ET Aug. 26, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

comp”とは、「…を無料提供する」という他動詞です。

 

「無料提供品」「試供品」という名詞や

「無料の」という形容詞でも使えます。

 

その他、短縮形として様々な意味がありますので、

英語勉強家なら、調べてみると、面白いはずです。

 

viral”は、「インターネットで急速に広まった」という形容詞。

go viral”(…がインターネットで急速に広まる)という形でよく使われます。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手の発言がネット上で広まる

 昼食代「100万ドル」、実際にはホテルの奢りに

 

となります。

 

ジャスティン・バーランダー(上)は、1983年2月20日生まれの35歳。

MLBを代表する196僉102圓留ο單蠎蠅任后

2005年にデトロイト・タイガーズに入団し、

2017年からはヒューストン・アストロズに在籍しています。

 

昨年までで188勝114敗。

今年はこれまでのところ13勝8敗なので、通算201勝122敗となりました。

MVP1回、サイヤング賞1回、最多勝2回、最多奪三振賞4回受賞しています。

 

このバーランダーが、先週8月24日金曜日、

ベヴァリーヒルズ・ホテルのカバナ・カフェに昼食を食べに3人で行きました。

 

すると、税込109万5198.20ドルという途方もない請求書が与えられたのです。

その名目は、“Open Miscellaneous Dodger Killer”。

訳せば、「ドジャーズを殺した公開雑費」。

昨年のワールドシリーズでアストロズが

ロサンゼルス・ドジャーズを破り、その立役者がバーランダーだったための冗談です。

 

結局、3人の食事代はホテルが“comp”しました。

アメリカ人らしいユニークなジョークでした。

 

まあ、バーランダーなら、払えないこともない勘定でしょうが。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM