気になる英語表現(18‐233):low-carb diet

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 06:40

 

low-carb diet”に問題があるという研究が発表されました。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

low-carb diet”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Low-carb diet linked to early death, medical study suggests
 USA TODAY NETWORK Ashley May, USA TODAY 
 Published 11:56 a.m. ET Aug. 20, 2018 | Updated 1:58 p.m. ET Aug. 20, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

low-carb diet”は、「低糖質ダイエット」のことです。

 

low-carb”は、“low-carbohydrate”の略です。

日本では「コカボ」と発音する人が多いですが、

実際の発音は、「ロウカーブ(lou kɑːrb)」と発音します。

間違えないようにしてください。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 低糖質ダイエットは死を早める、医学的研究が示唆

 

となります。

 

発表されたのは、医学雑誌『The Lancet Public Health』です。

 

 公式サイト:https://www.thelancet.com/journals/lanpub/article/PIIS2468-2667(18)30135-X/fulltext

 

15400名の中年アメリカ人と43200名の20か国以上の人びとの比較研究により、

低糖質もしくは高糖質の食事をしていた人は、適度な糖質を摂取していた人よりも、

4年寿命が短くなるというのです。

 

低糖質ダイエットとは、摂取カロリーの40%未満を糖質から摂取していることであり、

高糖質ダイエットは、摂取カロリーの70%以上を糖質から摂取していることを指します。

 

炭水化物、たんぱく質、脂肪を適度に摂り続けることが長生きの秘訣のようです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM