気になる英語表現(18‐224):偏見に凝り固まった人びとへの対処方法

  • 2018.08.12 Sunday
  • 09:33

 

The Washington Postが、最新社説で偏見に凝り固まった人びとへの対処法について言及しています。

 

How to confront the bigots in D.C.’s streets
By Editorial Board
August 10 at 6:55 PM

 

一体全体どのような内容なのでしょう。

大いに気になります。

早速分析してみましょう。

 

社説は、ヘッドラインを入れて、計9段落522。長くはないのですが、一部難しい表現があることと、論旨がやや複雑なため、理解しにくい英文です。7分でざっくりと訳せたら、TOEIC930点以上の実力。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

 

***********

 

How to confront the bigots in D.C.’s streets

 

IT WAS preposterous for Metro to have considered using separate, dedicated subway cars for the array of racists, bigots, neo-Nazis, white nationalists and other thugs set to descend Sunday on Washington on the anniversary of the violence last year in Charlottesville. It may also have been an effort at sound policing.

 

That’s the paradox facing authorities in the national capital area as they prepare to deal with several hundred “protesters” expected for the Unite the Right rally downtown. In Charlottesville, official bungling enabled chaos, violence and, ultimately, a young woman’s death in the city’s streets. From a public-safety standpoint, one of the key lessons from that tragedy is the critical importance of separating mutually hostile demonstrators.

 

It’s one thing to ensure such separation above ground. But how to accomplish that underground in Metro, if racists and their antagonists, including Antifa counterprotesters, are crammed together aboard the same subway cars? Metro wisely scrapped the idea of separate cars, which was rejected by its biggest employee union, whose members are mainly African American and other minorities.

 

Now, the task for Metro, as for an array of local law enforcement agencies including D.C. police, U.S. Park Police, Virginia State Police, and Fairfax and Arlington counties police, is to keep the peace, allow for the exercise of First Amendment free speech rights and ensure that nothing resembling what happened in Charlottesville happens in the nation’s capital.

 

There is cause for guarded optimism. D.C. police and Metro transit police have a history of working cooperatively, including earlier this year when the two joined forces to combat a spate of robberies occurring above and below ground. D.C. police have also worked in the subway for major local events such as Major League Baseball’s All-Star Game last month and the March for Our Lives this spring.

 

Officials say that large contingents of extra security personnel will be deployed this weekend, including police in uniform and in plain clothes. They appear alert to the danger of physical confrontation, which serves no one’s interests except for the white nationalists, fringe figures for whom any manner of publicity only amplifies their twisted agenda.

 

That leaves the question of how to confront and counteract those who will converge downtown. In our pages a few days ago, Maria J. Stephan, who has written widely on nonviolence, described the variety of countertactics available to citizens who want to express outrage and opposition to bigotry and hatred without provoking or being provoked into scuffles and brawls.

 

Mocking them is a good approach, as is reaching for the wallet; in one town in Germany, Ms. Stephan noted, residents contributed 10 euros (about $11.40) to a program that induces people to leave far-right groups. She also recommends “dispersed, low-risk” techniques that avoid potential clashes while enabling a show of rejecting the bigots in the street. One example would be gathering on the rooftops of D.C. apartment buildings, hotels and businesses to shout for fundamental American ideals — tolerance, mutual respect, equal opportunity — that represent an affront to noxious groups such as Unite the Right without posing the risk of physical confrontation.

 

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

 

***********

 

How to confront the bigots in D.C.’s streets

 

*****語句の説明*****

 

confront  …に直面する

bigot  偏屈者,頑固者

 

*****対訳*****

 

ワシントンDCの街中にいる偏見に凝り固まった人たちと直面する方法

 

***********

 

IT WAS preposterous for Metro to have considered using separate, dedicated subway cars for the array of racists, bigots, neo-Nazis, white nationalists and other thugs set to descend Sunday on Washington on the anniversary of the violence last year in Charlottesville. It may also have been an effort at sound policing.

 

*****語句の説明*****

 

preposterous  本末転倒な,不合理な

Metro  メトロ:ワシントンDCの地下鉄

dedicated  専用の

array of  ずらりと並んだ,たくさんの

racist  人種差別主義者

thug  凶悪犯

descend  …が下りる

sound  健全な

police  〜を取り締まる

 

*****対訳*****

 

メトロが、大量の人種差別主義者・偏見に凝り固まった者・ネオナチ・白人ナショナリスト・その他の凶悪な人々のために、他の車両とは別の専用地下鉄列車を使うことを考慮していた。昨年のシャーロッツヴィルの暴動1周年記念となる土曜日、ワシントンでのことだ。しかし、これは本末転倒である。その代わりに、健全な取り締まりに向けての努力をすべきであったとおもう。

 

***********

 

That’s the paradox facing authorities in the national capital area as they prepare to deal with several hundred “protesters” expected for the Unite the Right rally downtown. In Charlottesville, official bungling enabled chaos, violence and, ultimately, a young woman’s death in the city’s streets. From a public-safety standpoint, one of the key lessons from that tragedy is the critical importance of separating mutually hostile demonstrators.

 

*****語句の説明*****

 

authorities  当局

Unite the Right  ユナイト・ザ・ライト

rally  決起集会

bungling  手際の悪さ

chaos  混沌

tragedy  悲劇

critical  重大な

mutually  相互に

hostile  敵意を持った

 

*****対訳*****

 

これは、わが国の首都地域の当局に突きつけられたパラドックスである。当局は、ダウンタウンでのユナイト・ザ・ライトの集会に対する数百人もの「抗議者たち」を取り扱う準備をしているからだ。シャーロッツヴィルでは、当局の手際の悪さが、混沌、暴力そしてついには街中での若い女性の死を招いた。公共安全の立場から見れば、この悲劇から得られたカギを握る教訓のひとつは、相互に敵意をもったデモ隊を切り離すことが重要な大切さをもっているということである。

 

***********

 

It’s one thing to ensure such separation above ground. But how to accomplish that underground in Metro, if racists and their antagonists, including Antifa counterprotesters, are crammed together aboard the same subway cars? Metro wisely scrapped the idea of separate cars, which was rejected by its biggest employee union, whose members are mainly African American and other minorities.

 

*****語句の説明*****

 

ensure  …を確かにする;を守る

above ground  地上で,生きて

antagonist  敵対者

Antifa  “Anti-facism”の略:反ファシズム

counterprotester  デモに抗議する人

cram  …を詰め込む

 

*****対訳*****

 

このような切り離しを地上で確実に行うことはひとつの手である。しかし、メトロという地下において、人種差別主義者やその敵対者たちが反ファシズム抗議者たちを含め、同じ地下鉄車両に詰め込むことがいかにして達成可能なのか。そのため、賢くも、メトロは車両を分けるという考えを廃棄した。最大の従業員組合によって拒否されたからだ。その組合員は主に、アフリカ系アメリカ人と他の少数民族である。

 

***********

 

Now, the task for Metro, as for an array of local law enforcement agencies including D.C. police, U.S. Park Police, Virginia State Police, and Fairfax and Arlington counties police, is to keep the peace, allow for the exercise of First Amendment free speech rights and ensure that nothing resembling what happened in Charlottesville happens in the nation’s capital.

 

*****語句の説明*****

 

law enforcement  法的執行機関

allow for  …を許す;を考慮する;を可能にさせる

amendment  修正条項

 

*****対訳*****

 

いま、メトロのために行われるべき任務は、ワシントンDC警察・米国公園警察・バージニア州警察・フェアファックス郡警察・アーリントン郡警察を含めた多くの地元の法的執行機関に関していえば、平和を維持し、言論の自由のための憲法第一修正条項の行使を許し、シャーロッツヴィルで起きたことに類したことが国の首都で起きないようにすることなのである。

 

***********

 

There is cause for guarded optimism. D.C. police and Metro transit police have a history of working cooperatively, including earlier this year when the two joined forces to combat a spate of robberies occurring above and below ground. D.C. police have also worked in the subway for major local events such as Major League Baseball’s All-Star Game last month and the March for Our Lives this spring.

 

*****語句の説明*****

 

Metro transit police  メトロ交通警察:1975年にワシントンDCで設立

a spate of  一連の

robbery  強盗

March for Our Lives  命のための行進:銃器規制を訴えるためにDCで行われた2018年3月24日の行進

 

*****対訳*****

 

楽観主義が抑制されたのには原因がある。DC警察とメトロ交通警察は、協力して仕事をしてきた歴史があるからだ。今年の初めに、ふたつの警察が合同で地上と地下で起こった一連の強盗たちと戦った事がその一例だ。DC警察は、また、地元の大きなイベントででは地下鉄の中で働いた。たとえば、先月の大リーグのオールスター戦やこの春に行われた命のための行進時である。

 

***********

 

Officials say that large contingents of extra security personnel will be deployed this weekend, including police in uniform and in plain clothes. They appear alert to the danger of physical confrontation, which serves no one’s interests except for the white nationalists, fringe figures for whom any manner of publicity only amplifies their twisted agenda.

 

*****語句の説明*****

 

official  当局者

contingent  代表団

deploy  …に配備する

fringe  非主流派の,過激派の

figure  人物

amplify  …を増幅する

agenda  議題

 

*****対訳*****

 

当局者たちは、追加の警備要員を大量に今週末配備するという。制服組と私服組の警察を含めてだ。警備担当者たちは、物理的な衝突の危険性を警戒しているようだ。この衝突は、白人ナショナリスト以外には、だれの利益にもならない。ナショナリストたちは、宣伝方法がそのひねくれた主張を増幅するだけの非主流派なのである。

 

***********

 

That leaves the question of how to confront and counteract those who will converge downtown. In our pages a few days ago, Maria J. Stephan, who has written widely on nonviolence, described the variety of countertactics available to citizens who want to express outrage and opposition to bigotry and hatred without provoking or being provoked into scuffles and brawls.

 

*****語句の説明*****

 

converge  …が合流する

countertactic  対抗戦術

outrage  激怒

bigotry  偏屈,偏狭さ

provoke  …を挑発する;を引き起こす

scuffle  取っ組み合い,小競り合い,乱闘

brawl  ケンカ,乱闘

 

*****対訳*****

 

しかし、このことは、ダウンタウンで合流する人々と直面し対抗する方法に関して問いを残す。数日前のワシントンポストにおいて、マリア・J・ステファン(これまで非暴力について幅広く書いてきた)が、小競り合いや乱闘へと挑発されたりしたりすることなく、偏見への激怒や反対そして嫌悪を表明したい市民に利用できる多様な対抗戦術を描述した。

 

***********

 

Mocking them is a good approach, as is reaching for the wallet; in one town in Germany, Ms. Stephan noted, residents contributed 10 euros (about $11.40) to a program that induces people to leave far-right groups. She also recommends “dispersed, low-risk” techniques that avoid potential clashes while enabling a show of rejecting the bigots in the street. One example would be gathering on the rooftops of D.C. apartment buildings, hotels and businesses to shout for fundamental American ideals — tolerance, mutual respect, equal opportunity — that represent an affront to noxious groups such as Unite the Right without posing the risk of physical confrontation.

 

*****語句の説明*****

 

mock  …を真似する;をバカにする

induce  …を誘導する

far-right  極右の

dispersed  分散した

rooftop  屋根の上

affront  侮辱

noxious  有害な

 

*****対訳*****

 

その対抗戦術を真似することは、よい方法だ。それは、財布に手を延ばすことである。ドイツのある町で、ステファン氏が述べているのだが、住民は10ユーロ(約11.40ドル)を寄付し、人びとが極右団体を離れるように誘導している。氏は、「分散した低リスクの」技術も推奨している。それは、街中で偏見に凝り固まった人たちへの拒絶を示すことを可能にしながらも、潜在的な衝突を避ける技術だ。一例としては、DCのアパート、ホテル、企業の屋根の上で集まり、寛容・相互尊敬・機会平等というアメリカの根本的理想を大声で叫ぶことである。それは、物理的衝突のリスクを引き起こすことなく、ユナイト・ザ・ライトのような有害団体への侮辱を表明するものになる。

 

+++++++++

 

激動するアメリカらしい話題です。トランプ政権になって、偏見に凝り固まった差別主義者たちが、堂々とその主張をするようになり、常に一触即発状態にあります。

 

その対処法を語る社説ですが、こういう社説を書かねばならないところに、いまのアメリカの危うさがあります。

 

ところが、このようなニュースが日本で大きく報道されることがありません。アメリカの実態を知りたければ、アメリカ・メディアの英文から直接情報を得るしかないのです。それを可能にするためには、高度な英語力が必需品です。勉強してください。

 

INDECは、いつでもお手伝いいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!


公式サイト:http://indec.jp/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM