気になる英語表現(18‐223):Peace Corps

  • 2018.08.11 Saturday
  • 08:45

 

Peace Corps”が、問題を抱えています。

 

一体全体、どういうことでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

Peace Corps”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Peace Corps: Drug use is on the rise among volunteers, leading to expulsions, report finds
 Bill Theobald, USA TODAY 
 Published 3:20 p.m. ET Aug. 10, 2018 | Updated 5:51 p.m. ET Aug. 10, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

Peace Corps”は、「平和部隊」と訳されます。

 

米国政府が開発途上国へボランティアを派遣し、現地の支援を行うプロジェクトのことです。

日本の青年海外協力隊の米国版とおもってください。

1961年にJ・F・ケネディ大統領によって設立されました。

 

発音には、注意です。

corps”(部隊)は、「コープス」ではありません。

フランス語からの外来語なので、「コアー(kɔ́r )」と発音します。

 

expulsion”は、「除名」「追放」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 平和部隊:麻薬使用者がボランティア間で増加し、除名に、報告書が指摘

 

となります。

 

記事によると、過去3年間で麻薬使用により152人が除名されています。

そのうちひとりが死亡し、7人が逮捕されました。

 

平和部隊は、いま現在7000人以上のボランティアが60か国で活動しています。

そして、麻薬に関しては「ゼロ容認」方針で臨んでいるための除名措置です。

 

平和部隊といえど、内実は平和ではないようです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM