気になる英語表現(18‐222):be sworn in

  • 2018.08.10 Friday
  • 05:48

 

 

米大統領夫人の両親(上)が、“be sworn in”しました。

 

一体全体、何をしたのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

be sworn in”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です(掲載紙は、USA Today)。

 

 First lady Melania Trump's immigrant parents are sworn in as U.S. citizens
 Associated Press Published 2:07 p.m. ET Aug. 9, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

be sworn in”は、「…が宣誓をする」という熟語です。

 

特に、何かに就任したり、なったりするときに使います。

in”が利いてますね。

 

sworn”の原型である“swear”の他動詞用法には、

「…を誓う」だけではなく、「…に誓わせる」という意味があります。

その後者の受動態が上の熟語になっているのです。

あまり“swear in”をこの意味では使いませんので、ご注意ください。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 メラニア・トランプ大統領夫人の移民の両親、米国市民として宣誓

 

となります。

 

メラニア氏の父ヴィクトール(74)・母アマリヤ(73)のクナウス夫妻の話です。

8月9日、ニューヨーク・シティ(NYC)で、メラニア氏の両親が米国市民になりました。

スロヴェニアからの移民です。

 

親孝行の娘さんをもって幸せな親御さんです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM