気になる英語表現(18‐215):project

  • 2018.08.03 Friday
  • 03:37

 

ニューヨーク・シティ(NYC)が3つの大問題を抱えていると報じました。

そのひとつに、“project”が絡んでいるというのです。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

project”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 New York City today: Slow subways, slummy projects, soaring rents
 Rick Hampson USA Today
 Published 11:40 a.m. ET Aug. 2, 2018 | Updated 12:06 p.m. ET Aug. 2, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

project”は、ここでは「公営住宅」「公営アパート」を表しています。

これはちょっと俗っぽい表現なので、普通は“public housing”を使ってください。

 

名詞としての“project”としては、「計画」「プロジェクト」が有名ですが、

米英では上の意味で頻繁に使われます。

低所得者向けに政府が「計画」して作った公営住宅だからです。

知らないと戸惑うはず。

この際、覚えてしまいましょう。

 

slummy”は、「スラム化した」「スラム街の」。

 

soaring”は、「急上昇した」。

 

rent”は、「家賃」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ニューヨーク・シティのいま:遅い地下鉄、スラム化した公営アパート、急騰する家賃

 

となります。

 

いま現在、NYC市長はビル・デブラシオ。

1961年5月8日NYC生まれの57歳。

マイケル・ブルームバーグの後に2014年1月1日から同職に就いています。

 

しかし、ニューヨーク州アンドリュー・クオモ知事との確執がひどく、

記事ではこの争いを“A Gotham vendetta”(ゴッサムの抗争)と読んでいます。

(もちろん、ゴッサムとはバットマンが住んでいたNYCをモデルにした街のことです。)

州知事と市長が意見対立しているために、上の3つの問題が解決しないと記事はいうのです。

 

5年前にはモデル都市といわれたNYCが、あっという間にこんな状態。

本当に恐ろしいものです。

 

東京は、大丈夫なのでしょうか。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM