気になる英語表現(18‐213): covert campaign

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 07:44

 

フェイスブック社が、“covert campaign”を探知したと発表しました。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

covert campaign”が登場するのは、次の記事の本文です。

 

 Facebook warns of midterms election interference, fingers point to Russia
 Jessica Guynn, USA TODAY 
 Published 12:58 p.m. ET July 31, 2018 | Updated 5:42 p.m. ET July 31, 2018

 

おわかりでしょうか。

covert campaign”を説明する前に、ヘッドラインを理解しておきましょう。

 

warn of”は、「…を警告する」。

 

midterms election”は、“midterm election”の誤植。

アメリカの「中間選挙」を表します。

中間選挙は“midterm”だけでも表せるので、

各地の選挙を表して“midterms”ということからの勘違いでしょう(下記の引用参照)。

それにしても、ネイティブでも間違う単複。

われわれはもっと気をつけないといけません。

 

interference”は、「干渉」「妨害」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 フェイスブック、中間選挙への干渉を警告、ロシアを指さしながら

 

となります。

 

covert campaign”は、この記事の第1段落に登場します。

 

 Facebook has detected a covert campaign

 to influence the November midterms by targeting hot-button social issues,

 raising the possibility that Russia is again attempting to interfere in U.S. elections.

 

covert campaign”とは、「隠密(選挙)運動」を意味します。

 

covert”は、「秘密の」を表す形容詞です。

“secret”の同義語ですが、国の秘密情報活動の一環として行われるものによく使われます。

北朝鮮の拉致などは、まさしく“covert action”(隠密作戦、秘密工作)です。

 

hot-button”は、「中心的な」「重大な」「激論を呼ぶ」「感情に訴える」。

 

というわけで、この文を訳しますと、

 

 フェイスブック社は、秘密運動を探知した。

 重大な社会問題に的を絞ることで、11月の中間選挙に干渉するためだ。

 そして、ロシアが再び米国の選挙に干渉しようとしている可能性を提起した。

 

となります。

 

この探知は、2週間前のことです。

2017年3月から2018年5月までに開かれた32のアカウントが引っかかりました。

このアカウントに29万のアカウントがフォローしていたのです。

 

まだロシアの直接関与が証明されたわけではありません。

ですが、その可能性は高いとされています。

そして、この火曜日にすべてを削除したとフェイスブック社は発表しました。

 

国際陰謀は、恐ろしいもの。

日本も巻き込まれないようにしないといけません。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM