気になる英語表現(18‐209):menstrual equality

  • 2018.07.28 Saturday
  • 04:35

 

アメリカで、“menstrual equality”が話題となっています。

 

一体全体、何なのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

menstrual equality”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 'Menstrual equality': House passes measure allowing women to buy tampons, pads with health spending accounts
 Nicole Gaudiano, USA TODAY 
 Published 12:40 p.m. ET July 27, 2018 | Updated 1:42 p.m. ET July 27, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

menstrual equality”は、新語です。

直訳すれば、「月経平等性」となります。

menstrual”は、「月経の」。

equality”は、「平等」だからです。

 

House”は、「米連邦下院議会」。

 

measure”は、「法案」。

 

health spending account”は、「医療費支出口座(HSA)」。

税優遇のある医療用貯蓄口座のことで、High Deductible Planと呼ばれる健康保険に加入している方が持つことのできるアカウントです。怪我や病気の際にはその貯蓄から医療費を支払うような仕組みとなっています。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 「月経平等性」:連邦下院、タンポン・ナプキンを医療費支出口座で

 購入することを許す法案を通過

 

となります。

 

法案起草者は、ニューヨーク選出の中国系民主党下院議員グレース・メン(孟昭文)。

1975年10月1日生まれで、2013年から下院議員を務めています。

ミシガン大学でBAを、イエシーバー大学ロースクールでJDを取っています。

 

生理用品(menstrual hygiene product)は、女性にとって必須のもの。

トイレットペーパーと同じくらい大切な必需品です。

それゆえ、HSAとして取り扱うべきだというのがメン議員の主張です。

そして、それが、下院を通過し、上院の議論に諮られることになったのです。

 

男性にない生理なので、男性議員には気づかなかったことでした。

それを女性のメン議員が補ったのです。

 

まだまだ男女差別は存在します。

一日も早く、男女平等になる日が来ることを願います。

 

その意味では、日本はいかがなものか。

不安になってしまいます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM