気になる英語表現(18‐200):notch a win

  • 2018.07.19 Thursday
  • 10:16

 

米フィラデルフィア市が、あることで“notch a win”を収めました。

 

一体全体、どうしたというのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

notch a win”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Push for soda taxes across USA notches win in Philly
 John Bacon, USA TODAY 
 Published 4:16 p.m. ET July 18, 2018 | Updated 5:54 p.m. ET July 18, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

notch a win”は、「…が勝利を収める」という熟語です。

 

冠詞が抜けているのは、簡略を旨とするヘッドラインの常です。

 

notch”だけでも、「…に刻み目を入れる」「…を記録する」という以外に、

「…を勝ち取る」という意味があるために、上の意味が生まれています。

まあ、「…が勝利を記録する」と考えてもよいわけですが。

 

push for”は、「…を強く要求する」。

 

soda tax”は、「ソーダ税」。

砂糖含有の清涼飲料水に課される税金のことです。

 

Philly”は、“Philadelphia”の愛称。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 米国全土のソーダ税要求運動、フィラデルフィアで勝利を収める

 

となります。

 

フィラデルフィアは、米ペンシルベニア州最大の都市です。

合衆国建国ゆかりの地で、人口156万を誇ります。

 

そのフィラデルフィアで、ソーダ税が施工されました。

1オンス(約28g)の砂糖入り清涼飲料水あたり、1.5セントの税を課すというものです。

糖質大量摂取に起因する糖尿病などの生活習慣病を防ぐのが目的です。

 

しかし、これは不当だと清涼飲料水を扱う小売業者と流通業者が訴訟を起こしました。

その州最高裁の判決が水曜日に出て、ソーダ税の妥当性が認められたのです。

 

ソーダ税の導入は、シアトル、シカゴ、サンフランシスコなど、全米で見られます。

今回の判決も、そうした流れに沿ったものといえます。

 

フィラデルフィアの場合、その税収は、昨年7900万ドルに上りました。

その使い道は、幼稚園入園前児童の教育プログラム、公園、図書館の充実に充てられます。

 

ソーダ税によって、アメリカから糖尿病患者が減るとよいのですが。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM