気になる英語表現(18‐198):leave in the lurch

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 06:27

 

 

アマゾンのプライムデーが、全世界で始まりました。

ものすごい盛況のようです。

そのため、アメリカでは問題が起き、顧客が“leave in the lurch”されたようです。

 

一体全体、何があったのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

leave in the lurch”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 On Amazon Prime Day, site and app crash; shoppers left in lurch instead see photos of dogs
 Elizabeth Weise, USA TODAY 
 Published 3:35 p.m. ET July 16, 2018 | Updated 4:32 p.m. ET July 16, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

leave in the lurch”は、「…を見殺しにする」「…を見捨てる」という熟語です。

 

leave X in the lurch”という形で「Xを見殺しにする」と使います。

ヘッドラインに“the”がないのは、簡略を旨とするヘッドラインの常です。

 

lurch”が、「窮地」「ひどく困難な状況」という名詞であることから生まれています。

直訳すれば、「…を窮地に置き去りにする」です。

 

app”は、“application program”の略で、「アプリ」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 アマゾン・プライムデー、サイトとアプリが機能停止に;

 買い物客は見捨てられ、代わりに犬の写真を見るしかなかった

 

となります。

 

アメリカ西海岸では、注文が殺到し、米アマゾンは受付不能になりました。

その場合に、上掲画面が出てきたのです。

ということは、米アマゾンはこの状態を予測していたということですよね。

だったら、サーバーをもっと強力なものにしておけばよかったのに。

 

ともあれ、上の画面の言葉を訳しておきましょう。

 

 Uh-Oh. Something went wrong on our end.

 

uh-oh”は、「アッオウ(ʌ́òu)」と発音し、失敗したときに発する言葉です。

 

 やばい。ぼくたちに問題が起きてしまったぞ。

 

とでもなります。

 

米アマゾンは、可愛いラブラドールレトリバーで和んでもらいたかったようです。

 

なお、昨年、米アマゾンはプライムデーで24億ドル売り上げました。

今年の予想は、34億ドルだとか。

 

貧乏英語塾長も、格安の買い物をしました。

今日の23:59まで日本のプライムデーは続きます。

欲しいものがあるプライム会員の方は、どうぞ。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM