気になる英語表現(18‐185):take a dip

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 06:40

 

 

米カリフォルニアの個人宅で、クマが“take a dip”しました。

 

一体全体、何をしたのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

take a dip”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 Bear takes a dip in hot tub, sips a margarita in California
 USA TODAY NETWORK Brett Molina, USA TODAY 
 Published 1:03 p.m. ET July 3, 2018 | Updated 1:22 p.m. ET July 3, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

take a dip”は、「…がひと風呂浴びる」「…がひと泳ぎする」という熟語です。

 

「(市場など)が下落する」という意味もあります。

あわせて覚えておくとよいでしょう。

 

dip”は、自動詞で「…が下がる」他動詞で「…を浸す」。

それゆえ、名詞で「下げる・浸すこと」を表します。

ここから「ひと泳ぎ」や「下落」という意味が生まれ、上の意味につながるのです。

 

take a + (動詞と同形の)名詞”は、

 

 take a bite(…がひと口食べる)

 take a look(…が見る)

 take a walk(…が散歩をする)

 

のように多く存在します。

take a dip”も、そのひとつとして覚えておいてください。

 

sip”は、「…がひと口飲む」。

この場合は、“dip”と韻を重ねるために、使われています。

 

というわけで、韻を意識しながらヘッドラインを訳すと、

 

 カリフォルニアのクマ、風呂でピチャピチャ、マルガリータをペチャペチャ

 

となります。

 

クマ(上)が現れたのは、カリフォルニア州アルタデナ(Altadena)

6月29日金曜日のことです。

 

アルタデナは、ロサンゼルスのダウンタウンから23卷姪譴砲△蝓

エンジェルス国立森林公園に面しています。

おそらく、クマは、その森からやってきたのでしょう。

 

この家のオーナーは、マーク・ヒューさん。

枝や葉が音を立てるので、そちらを見たら、クマが塀を乗り越えていました。

あわてて家の中に入って様子を伺うと(spot)、

クマがジャクジーに入り、気持ちよさそうに湯浴みしだしたのです。

 

そのあとは、ヒューさんが用意していたマルガリータのグラスを倒して、

ペロペロ舐め(lap)、木の近くで居眠りをした(snooze)したとか。

クマも、よっぽど気持ちよかったのでしょう。

 

その後は、ゆっくりとヒューさん宅を後にしたそうです。

被害は、マルガリータだけですんだ模様です。

 

何やらほのぼのとしたミニ事件でありました。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM