気になる英語表現(18‐183):take on

  • 2018.07.02 Monday
  • 07:03

 

 

ホンダが、アメリカで新型インサイト(上)を売り出しました。

そのプライシングが、トヨタ・プリウスに“take on”しているとUSA Todayが報じています。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

take on”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Honda prices new Insight hybrid to take on Toyota's Prius
 David Pan, USA TODAY 
 Published 11:09 a.m. ET July 1, 2018 | Updated 11:10 a.m. ET July 1, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

take on”は、この場合、「…と戦う」を表しています。

 

take on”は、非常に多くの意味がある他動詞用法の熟語です。

よく使われるのが、次のものです。

 

 (仕事・責任など)を引き受ける

 (衣類・体重)を身に着ける

 …を獲得する

 

その他、色々な意味がありますが、上の4つを覚えておけば問題はないでしょう。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 ホンダ、新型ハイブリッド車インサイトにトヨタのプリウスに対抗する値付けを断行

 

となります。

 

アメリカでは、プリウスは絶対的人気を誇ります。

その最安値は、24,395ドル。

他方、インサイトのそれが23,725ドルに設定されました。

 

燃費も、インサイトのほうがプリウスよりややよいとか。

インサイトがプリウスを売り上げで上回るのかどうか、見ものです。

 

(ちなみに、“insight”とは「洞察力」という意味の名詞です。)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM