気になる英語表現(18‐177):haunt

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 06:59

 

 

FIFAワールドカップ予選リーグで、ポルトガルとイランが25日に対戦しました。

結果は、1対1の引き分け。

この結果、ポルトガルは、スペインに次いで2位で決勝トーナメント進出となったのです。

 

しかし、エースのクリスティアーノ・ロナウド(上)は、いまひとつの出来でした。

そのことを、USA Todayが“haunt”を使って、報じています。

 

一体全体、どういうことなのでしょうか。

気になります。

勉強してみましょう。

 

haunt”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Cristiano Ronaldo's missed penalty costs Portugal – and could haunt it forever
 Martin Rogers, USA TODAY 
 Published 4:31 p.m. ET June 25, 2018 | Updated 4:40 p.m. ET June 25, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

haunt”は、「…につきまとう​」という他動詞です。

 

その他、

 

「(幽霊が)…に出没する」

「…をしばしば訪れる」

「(悪い記憶や予感など)を絶えず思い浮かぶ」

 

という意味があり、よからぬことにつきまとわれる様を表現します。

 

なお、自動詞では、「(幽霊)が出没する」という意味でよく使われます。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 クリスティアーノ・ロナウドがミスしたPKが、ポルトガルに負担をかける

 もしかすると、同国に永遠につきまとう悪夢になるのかも

 

となります。

 

イラン戦後半53分、クリスティアーノ・ロナウドがエリア内で倒されます。

その結果、ポルトガルにPKが与えられ、ロナウドが蹴りました。

ところが、それをイランのGKがセーブし、追加点をあげられなかったのです。

 

この結果、ポルトガルはイランと引き分けてしまいます。

スペインと勝ち点「5」で並びはしたものの、総得点の差で2位となってしまいました。

 

そのため、ポルトガルは、決勝トーナメントにおいて、

フランス、アルゼンチン、ブラジル、ドイツ、イングランドと同じ山に入ったのです。

 

しかも、決勝Tの初戦はウルグアイ。

決勝まで進むには、強豪を倒し続ける必要が出たのです。

実に大変な道のりであり、そのことが上のヘッドラインにつながっています。

 

33歳のロナウドがW杯に出るのは、今回が最後のはず。

花道を飾れるのかどうか。

サッカーファン注目のポルトガル対ウルグアイ戦は、6月30日キックオフです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM