気になる英語表現(18‐168):ミャンマーでは「ロヒンギャ」という言葉さえも使えない

  • 2018.06.17 Sunday
  • 15:49

 

The Washington Postが、社説でロヒンギャ族について言及しています。

 

Myanmar is now erasing the Rohingya’s very name
By Editorial Board
June 16 at 12:27 PM

 

一体全体どのような内容なのでしょう。

大いに気になります。

早速分析してみましょう。

 

 

社説は、ヘッドラインを入れて、計6段落509。それほど長くなく、なじみの薄い固有名詞以外は難しい表現がほとんどないので、読みやすい英文です。6分半でざっくりと訳せたら、TOEIC860点以上の実力。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

 

***********

 

Myanmar is now erasing the Rohingya’s very name

 

THE TRAGEDY of the Rohingya Muslims of Burma began with the forced expulsion of more than a half-million Rohingya people from northern Rakhine state to neighboring Bangladesh, a brutal army operation undertaken in response to an attack from a Rohingya militant group. But this conflict, now a humanitarian disaster as floods and mudslides threaten Rohingya camps, is also being fought with words. The government of Burma, also known as Myanmar, has erased their very name — “Rohingya” — from the news.

 

The Rohingya have lived in Burma for decades but were regarded by the majority Buddhists as interlopers from Bangladesh and derisively called “Bengalis.” In a nation with dozens of minority ethnic groups, Rohingya have been left stateless and persecuted. The maltreatment did not ease with the arrival of a fragile democracy in recent years, led by the longtime dissident and Nobel Peace Prize winner Aung San Suu Kyi, who is now the de facto head of government.

 

In recent weeks, the Burmese information ministry has detected the word “Rohingya” in television broadcasts by Radio Free Asia, a private, nonprofit news organization, funded by the U.S. government, which brings news to closed societies in Asia, and the BBC. Both organizations used “Rohingya” in shows that were shared with Democratic Voice of Burma, which operates on the state’s MRTV channel. The information ministry said that RFA and BBC could no longer air their content if they continued to use the word “Rohingya,” which is “strictly prohibited.” Both RFA and the BBC refused to censor their programs, and quit their partnership, although both will continue to be available to Burmese by shortwave, social media and websites.

 

Censorship was absolute under the military dictatorship that ruled Burma from 1962 to 2010. Hope blossomed for change when the shift to democracy began, and especially after Aung San Suu Kyi’s National League for Democracy won a landslide in the 2015 election. But the past few years have shown that neither the NLD nor the military is making much progress toward press freedom; old laws that allow selective punishment of journalists remain on the books. The unjust detention of two Reuters reporters, Kyaw Soe Oo, 28, and Wa Lone, 32, who were investigating the killing of 10 Rohingya men and boys during the crackdown, is only the latest example.

 

Many people are questioning why Aung San Suu Kyi has let this happen. In her defense, it is often pointed out, correctly, that the military retains significant power in Burma, including in parliament and control over key ministries, and that she can only do so much. It is also true that Aung San Suu Kyi has appealed to people not to use either “Rohingya” or “Bengali,” saying they are emotive terms, which is hardly a courageous response. She must be asked why her government is acting as a censor. Surely she remembers during her long years of house arrest tuning in to RFA and the BBC to hear the truth. It is distressing to see it suppressed on her watch.

 

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

 

***********

 

Myanmar is now erasing the Rohingya’s very name

 

*****対訳*****

 

ミャンマーが、いま、ロヒンギャという名前まで消そうとしている

 

***********

 

THE TRAGEDY of the Rohingya Muslims of Burma began with the forced expulsion of more than a half-million Rohingya people from northern Rakhine state to neighboring Bangladesh, a brutal army operation undertaken in response to an attack from a Rohingya militant group. But this conflict, now a humanitarian disaster as floods and mudslides threaten Rohingya camps, is also being fought with words. The government of Burma, also known as Myanmar, has erased their very name — “Rohingya” — from the news.

 

*****語句の説明*****

 

Muslim  イスラム教徒

Burma  ビルマ(「バーマ(bə́ːrmə)」と発音)

 日本では「ミャンマー」が使われているが、欧米ではいまでも「ビルマ」を頻用

expulsion  排除

Rakhine state  ラカイン州

brutal  残忍な

undertake  …を始める;を引き受ける

militant group  武装グループ

conflict  衝突

humanitarian  人道主義的な

disaster  大惨事,大災害;大失敗

mudslide  土石流,地滑り

 

*****対訳*****

 

ビルマのロヒンギャ・イスラム教徒の悲劇が始まったのは、北部ラカイン州から隣接するバングラデシュへ50万以上のロヒンギャ族の人びとを強制排除することによってである。それは、ロヒンギャ族の武装グループからの攻撃に対して始まった残忍な軍事作戦であった。しかし、この衝突は、いま洪水と土石流がロヒンギャ族難民キャンプを脅かしているように人道的な大惨事であり、同時にいまは言葉の戦いとなっている。ビルマ(ミャンマーとしても知られている)政府が、「ロヒンギャ」というまさにその名前さえもニュースから消してしまったのだ。

 

***********

 

The Rohingya have lived in Burma for decades but were regarded by the majority Buddhists as interlopers from Bangladesh and derisively called “Bengalis.” In a nation with dozens of minority ethnic groups, Rohingya have been left stateless and persecuted. The maltreatment did not ease with the arrival of a fragile democracy in recent years, led by the longtime dissident and Nobel Peace Prize winner Aung San Suu Kyi, who is now the de facto head of government.

 

*****語句の説明*****

 

Buddhist  仏教徒

interloper  (歓迎されない)侵入者

derisively  嘲って,冷笑的に

Bengali  ベンガル人

stateless  国のない,無国籍の

persecute  …を迫害する

maltreatment  虐待

fragile  脆弱な

dissident  反体制派

de facto  事実上の

 

*****対訳*****

 

ロヒンギャ族は、ビルマに何十年も住んできたのに、ビルマの大多数である仏教徒にバングラデシュからの侵入者としてみなされ、「ベンガル人」と冷笑的に呼ばれてきた。何十もの少数民族集団をもつこの国では、ロヒンギャ族は国籍も与えられず迫害されたまま放置されてきた。虐待は、近年の脆弱な民主主義の到来によっては、緩和されなかった。その民主主義は、長い間の反体制派でノーベル平和賞受賞者であるアウンサンスーチーによって導かれたものであり、氏はいまや実質的政府トップの座に座っている。

 

***********

 

In recent weeks, the Burmese information ministry has detected the word “Rohingya” in television broadcasts by Radio Free Asia, a private, nonprofit news organization, funded by the U.S. government, which brings news to closed societies in Asia, and the BBC. Both organizations used “Rohingya” in shows that were shared with Democratic Voice of Burma, which operates on the state’s MRTV channel. The information ministry said that RFA and BBC could no longer air their content if they continued to use the word “Rohingya,” which is “strictly prohibited.” Both RFA and the BBC refused to censor their programs, and quit their partnership, although both will continue to be available to Burmese by shortwave, social media and websites.

 

*****語句の説明*****

 

information ministry  情報省

detect  …を検出する

Radio Free Asia  ラジオ・フリー・アジア(自由アジア放送:RFA)

  1996年に米国議会の出資によって設立された短波・中波ラジオ・TV・インターネット放送局

Democratic Voice of Burma  民主ビルマの声

  1992年に短波放送、2005年にTV衛星放送を始めたノルウェーのオスロに本拠がある地下放送

MRTV  =Myanmar Radio and Television:ミャンマー・ラジオ・TV局

censor  …を検閲する

shortwave  短波

 

*****対訳*****

 

ここ数週間、ビルマ情報省が「ロヒンギャ」という言葉をラジオ・フリー・アジア(RFA:米政府によって資金提供され、アジアの閉ざされた社会に向けてニュースをもたらす民間の非営利ニュース組織)とBBCによるTV放送で探知した。両放送局が「ロヒンギャ」を使ったのは、民主ビルマの声とともに放送した番組においてであり、民主ビルマの声は国営のMRTVのチャンネル上で放送している。情報省は、RFAとBBCが「厳しく禁じられている」「ロヒンギャ」という言葉を使う限り、同族関連の内容はもはや放送することはできないと述べた。RFAとBBCは、両方とも自分たちの番組への検閲を拒絶し、MRTVとのパートナーシップを解消した。とはいえ、両局のニュースは、ビルマ人たちには短波ラジオ放送、SNS、公式サイトによって継続して利用可能だ。

 

***********

 

Censorship was absolute under the military dictatorship that ruled Burma from 1962 to 2010. Hope blossomed for change when the shift to democracy began, and especially after Aung San Suu Kyi’s National League for Democracy won a landslide in the 2015 election. But the past few years have shown that neither the NLD nor the military is making much progress toward press freedom; old laws that allow selective punishment of journalists remain on the books. The unjust detention of two Reuters reporters, Kyaw Soe Oo, 28, and Wa Lone, 32, who were investigating the killing of 10 Rohingya men and boys during the crackdown, is only the latest example.

 

*****語句の説明*****

 

dictatorship  独裁国家,独裁政治

rule  …を(独裁的に)統治する

blossom  …が咲く,開花する;が発展する

National League for Democracy  国民民主連盟(NLD)

win a landslide  …が圧勝する,が地滑り的勝利を収める

press freedom  報道の自由

on the books  有効な法律である;記録されている

unjust  不正な,不公平な

detention  拘留

crackdown  取り締まり

 

*****対訳*****

 

検閲は、1962年から2010年までビルマを統治していた軍事独裁制の下では絶対であった。変化への希望が開花したのは、民主主義への移行が始まり、特にアウンサンスーチーの国民民主同盟(NLD)が2015年の選挙で地滑り的大勝利を収めたあとである。しかし、過去数年、NLDも軍も報道の自由に向かってはかばかしい進歩を見せておらず、ジャーナリストを選り好みで処罰することを許す古い法律がまだ有効なままなのだ。10名のロヒンギャ族の男性と少年が取り締まり中に殺された事件を調べていたふたりのロイター通信の記者、チョー・ソウ・ウー(28)とワ・ロン(32)が不公正な形で拘留されているのが、まさしくその最新の事例だ。

 

***********

 

Many people are questioning why Aung San Suu Kyi has let this happen. In her defense, it is often pointed out, correctly, that the military retains significant power in Burma, including in parliament and control over key ministries, and that she can only do so much. It is also true that Aung San Suu Kyi has appealed to people not to use either “Rohingya” or “Bengali,” saying they are emotive terms, which is hardly a courageous response. She must be asked why her government is acting as a censor. Surely she remembers during her long years of house arrest tuning in to RFA and the BBC to hear the truth. It is distressing to see it suppressed on her watch.

 

*****語句の説明*****

 

point out  …を指摘する

retain  …を持ち続ける

parliament  国会,議会

emotive  感情的な

courageous  勇気のある

house arrest  自宅軟禁

tune in to  …に波長を合わせる;の気持ちを理解する

distressing  悲惨な,痛ましい

suppress  …を弾圧する

on one's watch  権力のある地位に就いている期間に;…の監督下で

 

*****対訳*****

 

多くの人々が、なぜアウンサンスーチーがこうしたことを起こしてきたのか疑問を抱いている。氏の弁護をすれば、しばしば指摘されることだし、正しいことではあるが、ビルマでは軍がかなりの権力をまだ保持しており、国会内でもカギとなる省庁の支配でもそうであり、氏はできることしかしていない。さらに真実なのは、アウンサンスーチーが「ロヒンギャ」や「ベンガル人」を使わないように国民に訴えてきたことだ。この2語が感情的な用語だからだという。しかし、これはまったくもって勇気ある対応ではない。氏は、なぜ自らの政府が検閲官として行動しているのかという問いに答える義務がある。間違いなく、氏は、長期間の自宅軟禁の間、RFAやBBCに波長を合わせて、真実を聴いていたことを憶えているはずだ。その氏が権力の地位についているときに真実が弾圧されるのを見るというのは、惨たらしいことである。

 

+++++++++

 

アウンサンスーチーは、反体制で、虐げられた人々の味方と考えられてきました。そのために、ノーベル平和賞ももらいました。しかし、それは自分が虐げられた側にいたときの話で、体制内に入ったら、変わってしまったのです。9割の仏教徒を大事にするという名目の下、ロヒンギャ族への弾圧を許したのですから、話になりません。その程度の国民統治意識しかない人物であり、軍を支配する力もなかったということです。ノーベル平和賞選考委員のいい加減さにさえ、腹が立ちます。

 

とはいえ、さすがに、国際的批判をアウンサンスーチーも無視できなくなったようですが、遅すぎます。弾圧されてきたロヒンギャ族は、アウンサンスーチーを信じることはできないでしょう。次世代の政治家の中に、優秀な人材を求めるしかありません。

 

ところが、こういうニュースが日本では滅多に流れません。このような社説を読めないと、アジアの現状すらも把握できないのです。そんな日本でよいのでしょうか。

 

日本をよりよくするためにも、こういう社説を楽に読みこなせる英語力を多くの人に身につけてもらいたいと願います。

 

INDECは、いつでもお手伝いいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!


公式サイト:http://indec.jp/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM