気になる英語表現(18‐148):put a damper on

  • 2018.05.28 Monday
  • 06:54

 

今年の亜熱帯低気圧1号が、アメリカ南部を襲おうとしています。

USA Todayが、そのことを“put a damper on”を使って報じています。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

put a damper on”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 Alberto puts damper on Memorial Day plans along Gulf Coast
 John Bacon, USA TODAY 
 Published 1:45 p.m. ET May 27, 2018 | Updated 3:52 p.m. ET May 27, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

put a damper on”とは、「…に水を差す」「…を台無しにする」という熟語です。

何か楽しいことを予定・期待していたのに、それができなくなるときによく使います。

 

damper”は、“damp”(…を湿らせる;をくじく;を弱める)の名詞形。

ゆえに、「湿らせるもの」「くじくもの」「弱音器」という意味になります。

そこから上の熟語が生まれています。

 

なお、簡略を旨とするヘッドラインですから、冠詞が省かれています。

実際に使うときには、忘れずに冠詞をつけましょう。

 

Alberto”(アルベルト)は、正確に言うと、“Subtropical Storm Alberto”。

「亜熱帯低気圧(subtropical Storm)」の名前です。

男女交互にアルファベット順に命名されます。

今年1号なので、“A”で始まる“Alberto”が使われているのです。

 

Memorial Day”は、「戦没将兵追悼記念日」。

兵役中に亡くなった米国男女を追悼する祝日です。

5月の最終月曜日が、その日になります。

したがって、今年は5月28日です。

 

Gulf Coast”は、「メキシコ湾岸」。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 アルベルト、メキシコ湾岸沿いの戦没将兵追悼記念日の計画に水を差す

 

アルベルトは、フロリダ、アラバマ、ミシシッピー州に大量の雨と激しい風をもたらすとか。

3州では、すでに非常事態宣言が発令されました。

そのため、3州の戦没将兵追悼記念日の行事は変更を余儀なくされる見込みです。

 

被害が甚大にならないとよいのですが。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM