気になる英語表現(18‐135):RIP

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 07:04

 

ある女優の名前の前に、“RIP”と書かれている記事がありました。

 

一体全体、どういうことなのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう

 

RIP”が登場するのは、次の記事のヘッドラインと本文です。

 

 RIP Margot Kidder: Stars including Mark Hamill, Kumail Nanjiani remember 'Lois Lane'
 Carly Mallenbaum, USA TODAY 
 Published 2:09 p.m. ET May 14, 2018 | Updated 3:05 p.m. ET May 14, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

RIP”は、“requiescat in pace”ないしは“rest in peace”(安らかに眠れ)の略です。

 

日本語でいえば、「ご冥福をお祈りいたします」に当たります。

ヘッドラインのように、亡くなった人の名前の前に置くのが、通例です。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 安らかに眠れ、マーゴット・キダー:

 マーク・ハミル、クメイル・ナンジアニといったスターたちが、「ロイス・レイン」をしのぶ

 

となります。

 

マーゴット・キダーは、1948年10月17日カナダ生まれの女優です。

5月13日に、69歳で亡くなりました。

代表作は、映画『スーパーマン』シリーズ(1978〜1987)のヒロイン、ロイス・レイン役です。

 

死因は明らかにされていませんが、キダーは過去に双極性障害に苦しんでいたとか。

ご冥福を心よりお祈りします。

 

スーパーマン モーション・ピクチャー・アンソロジー(8枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM