気になる英語表現(18‐129):fad

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 05:30

 

ある“fad”が、全米各地の経済を助けています。

 

一体全体、どうしたというのでしょう。

気になります。

勉強してみましょう。

 

fad”が登場するのは、次の記事のヘッドラインです。

 

 From Toys R Us to Pilates studios: Malls fill empty stores with latest fitness fads
 Charisse Jones, USA TODAY 
 Published 2:00 a.m. ET May 8, 2018 | Updated 3:31 p.m. ET May 8, 2018

 

おわかりでしょうか。

 

fad”とは、「一時的流行」「ブーム」のことです。

「気まぐれ」「気難しさ」も表します。

 

というわけで、ヘッドラインを訳すと、

 

 トイザらスからピラティス・スタジオへ:

 各地のモール、健康ブームが閉店による空きスペースを埋める

 

となります。

 

トイザらス、シアーズ、J.C.ペニー、サブウェイという

かつて全米各地のモールに大店舗を構えていたチェーン店が次々と閉店に追い込まれています。

 

地元にとっては大きな痛手です。

ところが、いまはその空きスペースに、健康関連の店が入っているというのです。

ジムはもちろん、健康食品の店も多いとか。

設備がすでに整っているために、出店費用を低く抑えられるのがその理由です。

 

地元も、シャッター街にならずにホッとしています。

健康ブームが一時的な“fad”に終わらないことを祈りましょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM